今日の晩ごはん

鯛とカブのスープ

調理時間
15分

ダシと鯛の旨味を堪能する見た目も美しいスープ

ダシベースのスープに、きりっとしたカブの辛みがアクセント。お吸い物の仕上げに柚子を添えるイメージで、レモンを浮かべて。仕上げのオリーブ油が豊かなコクと香りを与えてくれます。

材料 ( 2人分 )

  • 鯛の切り身 …2切れ
  • カブ …2個
  • ダシ …2と1/2カップ
  • 薄口醤油 …大さじ1
  • 塩 …2つまみ
  • 片栗粉 …適量
  • レモンの薄切り …2枚
  • オリーブ油 …少々
  • 揚げ油 …適量

作り方

1 下ごしらえ
鍋にダシと醤油を入れてひと煮立ちさせる。カブは皮をむいてすりおろす。
2 鯛を揚げる
鯛に塩をして、水気をふき取る。片栗粉をまぶし170℃の揚げ油で約3分揚げる。
3 仕上げる
<1>の鍋に<2>を入れ温める。鍋に鯛を盛り付け、汁を注ぎレモンを浮かべる。オリーブ油を回しかける。

Point

  • 片栗粉はうすく均等につける

    粉をつけたあとはたくと、ダマにならず均等につく。このひと手間でカリっと揚げあがる。

  • 和風ダシに、オリーブ油やレモンを合わせて、和と洋を融合させるのが山田家の定番。「オリーブ油は、フルーティな風味のものがおすすめ」山田さんはイタリア産アルドイノの油を愛用。

副菜 memo

ごはんを足してボリュームアップ

副菜にもう一品つくるより、スープにフライパンで焼いたごはん(おこげ)を入れて食べるのがおすすめ。パンと合わせたいときは、ジェノバソースを添えてスープの繊細な味を引き立てて。