今日の晩ごはん

ナスと鶏肉の花椒炒め

調理時間
20分(浸けけ込み時間は除く)

花椒がアクセントの中華風炒め

弱火でじっくり火を通した鶏肉は驚くほどに軟らかくジューシー。辛いのが苦手な人は粉末状の花椒をチョイスするとよりマイルドな味に。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …1枚
  • ナス …中3本
  • 花椒 …適量
  • 塩 …小さじ1/3
  • 醤油 …小さじ1
  • ごま油 …適量
  • 白髪ねぎ …適宜
  • 糸唐辛子 …適宜

作り方

1 肉に下味を浸ける
鶏肉は一口大に切って花椒と塩でもんで30分ほどおいておく。
2 ナスを蒸し焼きにする
ナスは縦半分に切り、さらに四等分程度に切り、皮に切り込みを入れる。フライパンに油をひき、皮を下にして蓋をして弱火でふんわり蒸し焼きにする。軟らかくなったら一度取り出す。
3 鶏肉を焼く
2のフライパンに鶏肉を入れ、蓋をして弱火で焼く。箸で押してみて弾力が出たら焼き上がり。焼きすぎて固くならないように注意する。
4 仕上げる
ナスをフライパンに戻し、醤油を回しかけて、ナスと鶏肉に絡める。醤油が焦げないようにすぐ火を止める。皿に盛り付けて、白髪ねぎと糸唐辛子をのせる。

Point

  • ナスは蒸し焼きにする

    ナスは弱火で蒸し焼きにして、全体にじっくりと火を通すのがポイント。味も染み込みやすくなる。

  • 中華料理などによく使われる花椒で鶏肉に下味をつける。爽やかな香りとピリっと舌がしびれるような辛さと清涼感のある刺激がアクセントに。漬物などに入れても美味しい。

副菜 memo

箸休めになる副菜で主菜を引き立てる

鶏肉の旨味が全体に行き渡った食べ応えのある主菜には、薄切りにしたキュウリに、大葉とミョウガをたっぷり加え麹で和えた夏らしい爽やかな一品を。主菜の味をぐんと引き立ててくれる。