今日の晩ごはん

ポークジンジャー

調理時間
25分

おろし玉ねぎを利かせた食べ応え抜群のタレ

砂糖やみりんを使わず、はちみつで甘みをつけて肉をしっとりと仕上げた洋風ショウガ焼き。おろし玉ねぎとショウガを合わせたタレは、甘みと辛みのバランスが絶妙。

材料 ( 2人分 )

  • 豚ローススライス …4枚(200g)
  • はちみつ …大さじ1/2
<A>
  • ショウガ(すりおろし) …大さじ1/2
  • 玉ねぎ(すりおろし) …大さじ2
<B>
  • 醤油、酒 …各大さじ1
  • 油 …大さじ1/2
<C>
  • サニーレタス、ベビーリーフ、紫玉ねぎ、プチトマト …適宜

作り方

1 肉に下味をつける
豚肉は筋切りをしてはちみつをもみ込み、<A>に約10分漬け込む。
2 炒める
フライパンに油を熱し、1の汁ごと豚肉を入れて炒める。豚肉の色が変わったら<B>を加え、肉に絡めながら少し煮詰める。
3 仕上げる
器に盛り、好みで<C>の野菜を添える。

Point

  • 肉の筋切りをする

    約1㎝間隔で、筋の部分に切り込みを入れる。味が染み込みやすくなり、加熱しても反り上がらない。

  • ショウガ焼きで用いられることの多い砂糖やみりんは使わずに、肉にはちみつをもみ込む。はちみつの種類はどんなものでもOK。肉がしっとりと焼き上がり、照りがきれいに出る。

副菜 memo

洋風にアレンジ

和の献立になりがちなショウガ焼き(ポークジンジャー)に、ジャガイモのポタージュ、またはミネストローネを添えて洋風献立にアレンジ。ミネストローネは旬の根菜を入れて、季節感をプラスして。