今日の晩ごはん

春キャベツと鶏、桜エビのクリーム煮

調理時間
30分

エビの旨味を活かした春のごちそう

桜エビの上品な旨味とまろやかなクリームのコクが溶け合って、至福の美味しさ。鶏肉に片栗粉をまぶしておけば、スープにも自然にとろみがついて優しい口当たりに仕上がります。

材料 ( 2人分 )

  • 春キャベツ …250g
  • 鶏ささみ …2本
  • 桜エビ …50~60g
  • 白ワイン …大さじ2
  • 生クリーム …1/2カップ
  • ニンニク(すりおろし) …少々
  • 片栗粉 …小さじ1
  • 塩、粗挽黒こしょう …各適量
  • オリーブ油 …適量

作り方

1 下ごしらえをする
桜エビは大さじ5の水に約10分浸けて戻す。キャベツはざく切りにする。ささみは筋を取り、食べやすい大きさのそぎ切りにし、塩を振り、片栗粉をまぶす。
2 キャベツと肉を蒸す
フライパンにキャベツを敷きつめ、塩小さじ1/3(分量外)を振る。その上にささみを広げ入れる。白ワインを回しかけてニンニクを加え、蓋をして中火で2分加熱したら、弱めの中火にし、5~6分蒸す。
3 煮る
キャベツがしんなりとしたら、桜エビ(戻した汁ごと)、生クリームを加えて2~3分煮詰める。味をみて足りなければ塩適量(分量外)で調え、器に盛る。油を回しかけ、こしょうを振る。

Point

  • 鶏肉の片栗粉をまぶす

    鶏肉に塩を振ったあと、片栗粉をまぶす。脂や旨味が閉じ込められしっとりとした仕上がりに。全体に適度なとろみがついてより美味しくなる。

  • 桜エビを水で戻し、戻し汁ごと使う。桜エビの旨味がたっぷり染み出た戻し汁を使えば、ダシやスープストックを使わずに手軽に美味しいスープが作れる。少なめの水で戻すのがコツ。

副菜 memo

フルーツを使って爽やかに

まろやかなクリーム煮には、口の中をさっぱりとさせてくれる酸味のあるおかずが合う。オレンジやセロリのマリネなど、フルーツを使った爽やかなおかずなら主菜の魅力を引き立ててくれる。