今日の晩ごはん

レンコンと鶏肉のささみ バターナンプラー炒め

調理時間
20分

バターとナンプラーの美味しい出会い

米粉をまぶして焼いた鶏肉はしっかりと味が染み込んでいて軟らか。レンコンはしっかりと焼くことで、甘さが引き出される。冷めても美味しいので、お弁当おかずとしても◎。

材料 ( 2人分 )

  • レンコン …200g(小1節)
  • 酢 …適量
  • ささみ …3本
  • 塩、こしょう …各少々
  • 酒 …大さじ1
  • 米粉(片栗粉でも可) …大さじ1
  • バター …15g
  • ナンプラー …大さじ1/2
  • 万能ねぎ(小口切り) …適量

作り方

1 下ごしらえをする
レンコンは皮をむいて1.5㎝幅の棒状に切り、さっと洗ってから少量の酢を入れた水にさらす。ささみは一口大にそぎ切りにし、塩、こしょう、酒をもみ込み、米粉まぶして混ぜておく。
2 炒める
フライパンにバターを入れて中火に熱し、バターが溶けたら水気を切ったレンコンを加えてさっと炒め、ささみを入れて両面焼く。ナンプラーと酒大さじ1/2(分量外)を加えて鍋底の旨味をこそげとり、なじむように炒めあわせる。
3 仕上げる
器に盛り付けて、万能ねぎを振る。

Point

  • レンコンに焼き目をつける

    レンコンは、あまり動かさずに両面をしっかりと焼きつけるようにすると、香ばしく仕上げる。

  • 定番のバターと醤油の組み合わせを少しアレンジし、バターにナンプラーを合わせる。独特な香りと魚介の旨味が後を引く。小堀さんは『CHIN-SU』というベトナムメーカーのナンプラーを愛用。

副菜 memo

満足度を上げてくれる汁ものを

野菜と肉をバランス良く合わせた栄養満点な主菜には、ご飯があれば十分。そこに汁ものがあればさらに満足度の高い献立に。主菜を仕上げている間にさっとできる、トマトと卵のスープなどがおすすめ。