今日の晩ごはん

ブリと鶏団子のみぞれポトフ

調理時間
30分

軟らかブリとジューシー鶏団子をさっぱりと

冬に食べたいブリはぜひともお鍋で楽しみたい。シンプルな昆布ダシのお鍋は、いろいろな薬味やタレで好みの味付けが楽しめる。〆にはのどごしのいい稲庭うどんを入れて大満足の週末ごはんに。

材料 ( 2人分 )

<鶏団子>
  • 鶏挽肉 …300g
  • 卵 …1個
  • 白ごま …大さじ2
  • 柚子こしょう …大さじ1
  • めんつゆ …大さじ1
  • 水 …大さじ1
  • ブリ(切り身) …2切
  • 水菜 …1/2把
  • 万能ねぎ …1把
  • セリ …1把
  • 焼いた赤ねぎ …適量
  • 大根おろし …1/2本分
  • 水 …500cc
  • 昆布 …適量
  • タレ、薬味 …お好みで

作り方

1 下ごしらえ
野菜はすべて10cm程度の長さに切りそろえておく。ブリは5等分に切り塩をして少し置き、キッチンペーパーで水をふき取ったら、片栗粉をまぶしてはたく。
2 鶏団子を作る
鶏団子の材料をすべてボウルに入れて、粘り気が出るまでよく混ぜる。鍋に昆布と水を入れて火にかけ、沸騰したらタネをスプーンですくって入れる。
3 煮る
<2>の鍋に<1>のブリを入れて煮る。鶏団子とブリに火が通ったら大根おろしを鍋に入れる。(煮詰まりそうなら差し水をする)沸騰したら野菜を加える。
4 仕上げる
好みのタレと薬味を添える。

Point

  • 片栗粉をまぶしたらよくはたく

    ブリは塩をして出て来た水分をふき取り、臭みをしっかり取る。衣は厚くなりすぎないようによくはたく。

  • 薬味や調味料をたくさん準備するのがGOCHISO流。単調になりがちなお鍋は、いろいろな薬味で飽きずに楽しく食べられる。万能ねぎ、ニラ、香菜、柑橘類、ごま油、コチュジャン、黒酢、七味などが定番。冷蔵庫に眠っている調味料をいろいろ出してみよう。

副菜 memo

あっさりした生野菜の副菜を

お鍋の日には、キュウリのナムルなど、火を通さない副菜が合う。〆には稲庭うどんがおすすめ。冷凍の稲庭うどんはスーパーでも購入できて、使いやすく便利。