今日の晩ごはん

担々ごまシチュー

調理時間
30分

ごま×ごま油のWづかいでコクたっぷり

担々麺の要素を加えたごま風味のシチュー。ふわっと香り立つごまの香りが食欲を刺激します。鶏肉は皮目をしっかりと焼き付けてから煮込むのがコツ。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏モモ肉 …1枚(250g)
A
  • 酒 …大さじ1/2
  • 塩 …小さじ1/2
  • ブロッコリー …1/4株
  • ニンジン …1/2本
  • カブ …2個
  • ごま油 …大さじ1
  • 薄力粉 …大さじ1
B
  • チキンスープ …200ml
  • 牛乳 …200ml
  • 生クリーム …50ml
  • 白すりごま …大さじ2
  • ラー油 …小さじ2

作り方

1
鶏肉は余計な脂を除き、一口大に切る。ボウルに入れてAをもみ込む。ブロッコリーは小房に分けて、ニンジンは皮をむいて一口大の乱切りにする。カブは茎を少し残して切り落とし、皮をむいて6等分のくし形切りにする。
2
鍋にごま油を中火で熱して鶏肉を皮目から入れ、焼き色を付けるように炒める。薄力粉を加えて粉っぽさが無くなるまで炒めたら、Bを加えてとろみがつくまで煮る。
3
ニンジンを加えて蓋をし、弱火で約10分煮る。ニンジンに竹串がすっと刺さるようになったら、ブロッコリー、カブを加えて、さらに4~5分煮る。仕上げにラー油を加える。

Point

  • ごまとごま油を使う

    ごま油でパリっと焼き付けた香ばしい鶏肉を白すりごまと一緒に煮て、風味の良い担々風に。仕上げにかけるラー油の辛味と相性抜群。ごはんにも合う味。

  • 鶏肉は皮目から焼く

    鶏肉は煮込む前に、フライパンで焼き色が付くまで焼いておく。香ばしい香りとパリっとした食感が生まれ、メリハリのある味わいに。旨味を閉じ込める効果も。

副菜 memo

カブの葉を使ったサラダを

切り落とした株の葉を使って、シャキシャキと食感の良いサラダに。シチューにコクがあるのでドレッシングさっぱりとしたものを使うとバランスがとれる。

手島渚さんの「腸から身体をととのえる」女性の不調を改善するセルフ腸もみ講座 募集開始 料理家・真藤舞衣子 × fog linen work × Kurashi ワンピース、ローブ、作業着にも使えるリネンのかっぽう着「ホームドレス」9/20(木)11時より数量限定で再販開始! 基本から応用まで!今が旬の鮭レシピ