今日の晩ごはん

挽肉と豆腐の野菜たっぷりドライカレー

調理時間
30分

後を引く、まろやかな味わい

複数のスパイスを使ったカレー粉の複雑な味に、豆腐やリンゴのまろやかさや甘味をプラスした、ドライカレー。色とりどりの野菜を飾り、週末気分を盛り上げて。

材料 ( 4人分 )

  • 白米(玄米でも可) …茶碗4杯
  • 合挽肉 …200g
  • 木綿豆腐 …1/2丁
  • 玉ねぎ …中1個
  • ピーマン …中2個
  • リンゴ …1/2個
  • カレー粉(フレーク状のもの) …40~50g
  • オリーブ油(好みの油でも可) …適量
  • 塩 …少々
  • 飾り用の季節野菜(手に入る好みの物で可。今回はカボチャ、オクラ、インゲン、紫玉ねぎ、コリンキー、万願寺唐辛子、ズッキーニを使用) …適宜

作り方

1 豆腐を水切りする
豆腐は、余分な水分が出ないよう、水切りしておく。
2 炒める
玉ねぎ、ピーマン、皮を除いたリンゴをみじん切りにし、フライパンにオリーブ油適量(分量外)を敷き、炒める。火が通ったら合挽肉を入れ、塩を振って肉に火が通るまで炒める。さらに1の豆腐を手でほぐして混ぜ合わせて炒め、火が通ったらカレー粉を入れて、味がなじむまで炒める。
3 飾り用の野菜を焼く
飾り用の野菜を好みの大きさに切り、オーブンかフライパンで火が通るまで焼く。
4 盛り付ける
器にご飯を盛り付け、3のドライカレーをかけて、その上に3の焼いた野菜を飾る。

Point

  • 隠し味はリンゴ

    リンゴを加え自然な甘味に。みじん切りにすると食感を楽しめる。フードプロセッサーでなめらかにしても。

  • カレー粉は、複数のメーカーを混ぜ合わせると、より味に複雑さが増す。気に入ったカレー粉があったら、いくつか集めておこう。フレークタイプが溶けやすく、使いやすい。

副菜 memo

酸味でさっぱりと

酸味のあるおかずと相性が良いので、ピクルスなどのビネガーを使った副菜や、キュウリなどの夏野菜の浅漬けなどと合わせるのがおすすめ。ドライカレーの具材を、パスタやパンと合わせても良い。