今日の晩ごはん

エビニラ餃子

調理時間
30分

エビのぷりぷり食感がたまらない

エビとニラが主役の餃子は、コク出しのために入れる豚ばら肉が隠し味。ニンニクの代わりにショウガを入れて爽やかな味わいに。酢&こしょうでさっぱり食べるのが新鮮!

材料 ( 2人分 )

  • エビ …150g
  • ニラ …50g(1/2把)
  • 豚ばら薄切り肉 …50g
<A>
  • 紹興酒 …小さじ1
  • 醤油 …小さじ1
  • ショウガ(すりおろし) …1片分
  • ごま油 …小さじ1/2
  • 塩、こしょう …各少々
  • サラダ油 …大さじ1
  • 餃子の皮 …16枚
  • 酢、こしょう …各適量

作り方

1 餡を用意する
エビは殻をむき尾を取り、あれば背ワタを取る。半量は包丁で細かくたたき、残り半量は粗く刻んでおく。ニラは1cm幅に切る。豚肉は包丁で細かくたたく。
2 包む
ボウルに1の具とAを入れてよく混ぜ、餃子の皮で包む。
3 焼く
フライパンを中火で熱し、油を入れる。餃子を入れて1分程度焼き、焼き色がついたら弱火にして水大さじ3(分量外)を加え、蓋をして4~5分蒸し焼きにする。
4 盛る
蓋を外し中火にして、底の面がパリッとしたら器に盛る。酢、こしょうを添える。

Point

  • エビはたたき加減に変化をつける

    エビのぷりぷりとした食感を生かしたいので、半量は細かくたたき、残りは粗く刻むのがコツ。

  • 豚ばら肉を加えてコクアップ

    コク出しに豚ばら肉を使用。「挽肉は赤身が多いため、脂肪分の多い豚ばら肉が最適なんです」。

  • 「定番の酢醤油&ラー油で食べてももちろん美味しいのですが、さっぱり食べたいときは、酢&こしょうを添えます。これならしつこくないので、何個でも食べることができるんです」。

副菜 memo

トマトの酸味が餃子と好相性

餃子にはあっさり味のスープがよく合う。ただ、餃子でニラを使っているので、スープにはそれ以外の野菜を使おう。トマトと卵の中華スープなら、トマトの酸味が餃子に合うのでおすすめ。