今日の晩ごはん

春菊と挽肉の和風ガパオ

ハーブのように香る春菊がアクセント

挽肉は、最後に醤油を入れて香ばしく。春菊は歯ごたえと香りを残すために、入れたらすぐに火を止めるのがポイント。半熟の目玉焼きを崩して混ぜて食べると、絶品!

材料 ( 2人分 )

  • 豚挽肉 …300g
  • 春菊 …1/4束
  • ショウガ …1/2片
  • 唐辛子 …1本
  • ピーナッツ …適量
  • 太白ごま油(オリーブ油でも可) …大さじ1/2
  • 酢 …大さじ1
  • 醤油 …大さじ2
  • 卵 …2個
  • 太白ごま油(目玉焼き用) …大さじ1
  • 温かいご飯 …茶碗2杯分

作り方

1 材料を切る
ショウガは皮つきのまま千切り、唐辛子は半分に切って種を取り、ピーナッツは包丁で粗くカットしておく。春菊は茎を1cm、葉は3cmに切る。
2 目玉焼きを作る
フライパンに油を入れて熱し、卵を入れ、蓋をせず白身に火が通ったら火を止め別にしておく。
3 炒める
フライパンに油とショウガ、唐辛子を入れて熱し、挽肉、ピーナッツを入れて強火で炒める。挽肉に火が通ったら酢を入れ、鍋肌から醤油を入れ混ぜ、火を止めたらすぐ春菊を入れる。
4 盛り付ける
器にご飯、3、目玉焼きを盛り付ける。

Point

  • 春菊の茎は短くカット

    春菊の茎は1㎝くらいに短くカットすると、生でも食べやすい。生で食べると、クセや苦味をそれほど強く感じず、美味しいのでぜひお試しを。

  • ガパオライスの目玉焼きは、黄身を黄色く仕上げるのが、ちょっとしたこだわり。焼く際に蓋をすると膜ができて黄身が白っぽくなるので、しっかり温めたフライパンで蓋をせずに焼くのがポイント。

副菜 memo

スープがあれば大満足

春菊たっぷりのガパオライスは一皿でバランスの良いメニュー。あと1品プラスするなら、温かいスープがおすすめ。メインがしっかり味なので、野菜だけのあっさりとしたスープに。ナンプラーを使えばダシいらずで美味しく仕上がる。