今日の晩ごはん

豚肉と豆の煮込み

調理時間
80分

ほろほろの豚肉が美味! ワインに合わせて楽しみたい

お鍋ひとつでできる“ほうっておくだけ”レシピながら、ちょっとしたもてなしの席に出しても食卓が映える華やかな一品。煮汁は翌朝のスープにぜひ活用して。

材料 ( 2人分 )

  • 豚肩ロース …600g
  • ニンニク …1/2片
  • 玉ねぎ …1/4個
  • セロリ …1/2本
  • 白ワイン …50cc
  • 水 …600cc
  • ローリエ …1枚
  • オリーブ油 …大さじ1
  • 塩 …小さじ1
  • こしょう …少々
  • 白いんげん豆 …150g
  • ローリエ …1枚
  • 塩、こしょう …適宜

作り方

1 いんげんを煮る
白いんげん豆はたっぷりの水に一晩浸水させ、水を切る。ひたひたの水、塩ひとつまみ、ローリエとともに鍋に入れ、柔らかくなるまで煮る。
2 豚肉の下ごしらえ
豚肩肉は5cm厚に切り、塩、こしょうをもみこむ。
3 煮る
ニンニク、玉ねぎ、セロリはみじん切りにし、オリーブ油を熱した鍋で順に炒める。しんなりしたら豚肉を加え、全面焼く。白ワインを加えて水分量が少なくなるまで煮詰め、水とローリエを加える。煮立ったらアクをとり、鍋蓋をしてとろ火で1時間程度、豚肉が柔らかくなるまで煮る。
4 いんげんを加えて煮る
水気を切ったいんげん豆を加えて5分ほど火にかけ、煮る。

Point

  • 豚肉の色が変わるまで全面焼く

    豚肉は、煮る前にしっかり焼くことが大切。全面色が変わるまで焼くことで旨味を中に閉じ込める。

  • 残った煮汁には旨味がたっぷり残っているので、翌朝スープにして残さずいただくという黒川さん。水と野菜、ソーセージなどを加えて煮立てれば完成!

副菜 memo

どっしりとした料理には軽めの副菜を

食べ応えのある肉料理には、酸味が利いたさっぱりとした軽めの副菜を合わせよう。ピクルスなどはワインのつまみとしても楽しめるので、あらかじめ作りおきしておくと便利。