今日の晩ごはん

カツオのフライ

調理時間
20分

高温でさっと揚げてレアに仕上げて

サクサク衣に、レアに仕上げたカツオの食感のコントラストがたまりません。衣はパセリを加えて風味良く。ニンニクをきかせたマヨネーズソースでいただきます。

材料 ( 作りやすい分量 )

  • カツオ(刺身用) …1さく(約300g)
  • 塩 …小さじ1/3
  • こしょう …適量
  • 薄力粉 …適量
A
  • 薄力粉、水 …各大さじ3
  • 油 …小さじ2
B
  • パン粉 …大さじ3
  • パセリ(みじん切り) …大さじ1
C
  • マヨネーズ …大さじ2
  • 牛乳、レモンの絞り汁 …各大さじ1
  • ニンニク(すりおろし) …少々
  • 揚げ油 …適量
  • サニーレタス、ミニトマト …各適宜

作り方

1 下ごしらえをする
カツオは長さを半分に切って塩を振り、約10分置く。キッチンペーパーで水気を拭き、こしょうを振る。
2 衣をつける
1に薄力粉(分量外)を薄くまぶしてAにくぐらせ、混ぜ合わせたBをまぶす。
3 揚げる
鍋に揚げ油を高さ2cmほど入れて高温に熱し、2を転がしながら揚げる。表面がきつね色になったら取り出し、粗熱が取れたら1.5cm幅に切り分ける。
4 仕上げる
皿にサニーレタス、ミニトマトを並べ、3を盛る。混ぜ合わせたCをかけていただく。

Point

  • 転がしながら揚げる

    トングなどでカツオをはさんで転がしながら揚げると、少ない油でもカラっと揚がる。揚げすぎると身がかたくなってしまうので注意。

副菜 memo

ゴーヤのおひたしを

薄切りにしたゴーヤをさっとゆでて鰹節、醤油、ショウガと和えたおひたしと合わせる。ゴーヤの苦みが口の中をさっぱりとさせてくれる。

サラサラ床で暮らしをもっと気持ち良く 床拭きロボット『Braava(ブラーバ)』を体験! 暑い日には“さっぱり”をプラス 爽やかさが決め手のレモンレシピ