今日の晩ごはん

精進ダシのおでん風

調理時間
80分

ダシが決め手のヘルシーおでん

カノウさんオリジナルの“精進ダシ”をベースに作るおでん。植物性の旨味が凝縮されが滋味深い味わいに、心も身体もほっとする。

材料 ( 2人分 )

  • 大根(2.5cmの輪切り×6個) …15cm
  • 米ぬか(あれば) …少々
  • こんにゃく(ゆでてあくをぬき、適当に切る) …1個
  • 結び昆布 …6個
  • がんも …4個
  • 干しシイタケ …4枚
<A>
  • 炒り大豆 …1/2カップ
  • 切干大根 …20g
  • ダシ昆布(3等分にする) …5×10cm
  • 水 …2L
<B>
  • 塩 …大さじ1(加減する)
  • 醤油 …大さじ2(加減する)
  • 辛子、またはゆずこしょう …適宜

作り方

1 ダシをとる
厚手の鍋にAを入れ沸騰したら弱火にして40分くらい煮て漉し、“精進ダシ”をとる。
2 下ごしらえ
大根は皮をむき、十文字に隠し包丁を入れ、あれば米ぬかを少々入れた熱湯で5分ゆでる。
3 煮込む
1を土鍋等に入れて煮たて、Bを加えて、好みの味にまとめ、2、こんにゃく、結び昆布、がんもを加え、ごく弱火で味がしみるまで30分くらい煮る。好みで、辛子やゆずこしょうを添える。

Point

  • カノウさん流“精進ダシ”をとる

    ダシはあまりグツグツさせなくてOK。昆布、炒り大豆、干しシイタケ、切干大根を弱火で煮詰める。かんぴょうを入れても◎。

  • カノウ家では、おでんにゆずこしょうをつけていただくことが多いそう。からしとは違ったピリッとした辛さと香りを楽しめる。

副菜 memo

味の濃い副菜を

メインがさっぱりとしているので、味のしっかりとした漬け物などがおすすめ。写真で添えているのは、大根の皮と葉の醤油漬け。