今日の晩ごはん

卵とトマト春雨

調理時間
10分

焼いたトマトの甘味が美味しい中国の家庭料理

卵はふわふわに、トマトは上手に水分を保ちながら炒めるのがコツ。鶏がらのダシを吸った春雨でカサ増し効果も。酢やラー油で味にメリハリをつけると、美味しさが広がります。

材料 ( 2人分 )

  • トマト …2個(200~250g)
  • 緑豆春雨(乾燥) …30g
  • 卵 …2個
  • ショウガ(スライス) …3枚
<A>
  • きび砂糖 …小さじ1/2
  • 塩 …2つまみ程度
  • サラダ油 …大さじ11/2
<B>
  • 鶏がらスープの素(顆粒) …小さじ2
  • 水 …1/2カップ
  • 塩 …1つまみ
  • ラー油 …適宜

作り方

1 下ごしらえをする
トマトはへたをくり抜き、4等分にくし形に切る。ショウガは千切りにする。緑豆春雨は約5分ぬるま湯につけ、キッチンばさみで食べやすい長さに切っておく。
2 卵を炒める
ボウルに卵を溶いて<A>を混ぜる。フライパンに油適量(分量外)を熱し、卵を炒めてざっと固まったら一度取り出す。
3 煮る
2のフライパンに油が足りなければ適量(分量外)足し、トマトを炒める。表面が透き通ったら<B>を入れる。さらに緑豆春雨を加えて2分煮る。
4 仕上げる
2の卵を戻し入れてさらに2分煮る。皿に盛り、好みでラー油を添える。

Point

  • 卵は半熟で一度取り出す

    卵はフライパンに流し入れたら、菜箸または耐熱の木べらで手早くかき混ぜる。写真のようにやや縁が固まった程度まで火を通したら一度取り出すと、ふわふわに仕上がる。

  • 夏の暑い日には仕上げにさっと酢を回し入れたり、辛いものが好きな人はラー油を少量かけたりと、好みの調味料で味にアレンジを加えて楽しむ。万能ねぎや、香菜を添えても美味しい。

副菜 memo

中華風の献立に

鶏がらスープが味のベースの主菜には、中華風の副菜がよく合う。軽いおかずなので、鶏の唐揚げや豚の角煮などガッツリしたおかずを合わせて主菜を二つ並べても。汁ものはクレソンと豆腐のスープがおすすめ。