今日の晩ごはん

エスニック和え麺

調理時間
20分(干しエビを戻す時間は除く)

干しエビの濃厚な旨味をまとわせて

干しエビと豚肉の旨味をレモンですっきりとまとめたタレに、香菜や紫玉ねぎなどエスニック野菜をたっぷりと合わせた和え麺。豚肉はゆでるとよく味がなじみます。

材料 ( 2人分 )

  • 中華生麺 …2玉
  • 豚挽肉 …200g
  • 香菜 …1束(30g)
  • 紫玉ねぎ …1/4個
  • ミニトマト …6個
<A>
  • 赤唐辛子 …1本分(小口切り)
  • 干しエビ …大さじ1/2(5g)
  • 熱湯 …大さじ3
<B>
  • レモン汁 …大さじ1
  • ナンプラー …大さじ2と1/2
  • レモン(くし形切り) …適量

作り方

1 野菜を切る
香菜はざく切りにし、紫玉ねぎは薄切りにする。ミニトマトは4等分のくし形切りにする。
2 エビを戻す
ボウルに<A>を混ぜて30分~1時間おいてエビを戻し、大きめのボウルに移して<B>と混ぜる。
3 肉をゆでる
たっぷりの熱湯で豚挽肉をゆで、網ですくって2に加えて和える。
4 麺をゆでる
3の熱湯をもう一度沸騰させてアクを取り、中華生麺を袋の表示時間通りにゆで、冷水でしめる。ザルに上げて水気を切る。
5 仕上げる
2のボウルに1、4を入れて和える。レモンを添える。

Point

  • 肉はゆでる

    肉は炒めず、ゆでる。ゆでることで余分な脂が落ちるので、ぐっとさっぱりとした味わいに。必ず熱いうちに和えダレと合わせて味を染み込ませて。

  • エビの強い旨味が染み出た戻し汁を和えダレに活用し、濃厚な風味を余すことなく味わう。1時間程度かけてゆっくり戻すのがポイント。干しエビは炒め料理や煮物などに活用できる。

副菜 memo

歯ごたえのあるものを

さまざまな味が一緒に味わえる和え麺には、アクセントにも、箸休めになる万能な副菜を合わせたい。これからの時期なら、小気味よい食感が特徴のレンコンの甘酢漬けがおすすめ。