今日の晩ごはん

ホタテとほうれん草の豆乳味噌グラタン

調理時間
25分

丸ごとホタテ入り! 秋冬のあったかご馳走

ホワイトソースに豆乳と味噌を使うことで、コクがありながらも重くなりすぎず、クリーミーな和風グラタンになる。旬の牡蠣を使って作るのもおすすめ。

材料 ( 2人分 )

  • ホタテ(ボイル) …中8〜10個
  • 長ねぎ …1本
  • ほうれん草 …200g
  • マカロニ …40g
  • 塩、こしょう …少々
  • 小麦粉 …適量
  • オリーブ油 …大さじ1
  • ピザ用チーズ …適量
  • パン粉 …適量
<ホワイトソース>
  • バター …30g
  • 小麦粉 …大さじ2強
  • 無調整豆乳 …200ml
  • みりん …大さじ1
  • 味噌(味噌の塩分により加減する) …大さじ1弱

作り方

1 下ごしらえ
長ねぎは斜め薄切り、ほうれん草はざく切りにする。マカロニはゆでておく。
2 ホタテを焼く
ホタテに塩、こしょう、小麦粉をまぶす。フライパンに油大さじ1/2を中火で熱し、ホタテの両面を焼いて取り出す。
3 野菜を炒める
<2>のフライパンに残りの油を加え、<1>の長ねぎとほうれん草を炒める。
4 ホワイトソースを作る
鍋にバターを中火で熱して溶かし、小麦粉を入れて炒める。混ぜ合わせておいた豆乳、みりん、味噌を加えて、弱火で混ぜながら熱してとろみを付ける。
5 トースターで焼く
ホタテ、長ねぎ、ほうれん草、マカロニ、ホワイトソースを合わせて耐熱容器に入れ、チーズとパン粉をのせてトースターで15分ほど焼く。焼き上がったらオリーブ油少々(分量外)をかける。

Point

  • 仕上げのオリーブ油

    グラタンが焼き上がったら、仕上げにオリーブ油を少々回しかけると、香りとコクが増す。

  • 豆乳を使ったホワイトソースは、味噌のほど良いコクがポイント。麦味噌や白味噌など甘みのある味噌にすると、まろやかな味わいになる。物足りなさを感じる時は、麹を足してもいい。

副菜 memo

蕪のスープを添えて

グラタンにボリュームがあるので、あっさりとしたスープを添える。鶏ガラスープをベースに、カブを軟らかく煮て、薄口醤油やみりんなどで味を整え、好みで粗挽きこしょうをかける。