今日の晩ごはん

セリと鶏むね肉のエスニック炒め

調理時間
8分

食べやすさが魅力のエスニック炒め

香り高いセリのシャキシャキ感と、鶏むね肉のしっとり感が絶妙! オイスターソースとナンプラーは隠し味程度の優しい味わいで、エスニックが苦手な人にもおすすめです。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏むね肉(皮なし) …小1枚
  • セリ …1束
  • きぬさや …1袋
  • オリーブ油 …小さじ2
  • 赤唐辛子 …1本
<A>
  • オイスターソース、ナンプラー …各小さじ2
  • レモン …2切れ

作り方

1 下ごしらえをする
鶏肉は薄く削ぎ切りにする。セリは4cmの長さに切り、葉と根元を分けておく。(根っこも捨てずに使う)きぬさやは筋を取る。
2 炒める
フライパンに油を熱し、赤唐辛子、鶏肉、きぬさやを並べる。肉の色が変わったら、セリの根元部分を加えてさっと炒め、Aを加えて絡める。
3 仕上げる
仕上げにセリの葉の部分を加え、さっと混ぜてすぐに器に盛り付け、レモンを添える。

Point

  • 鶏むね肉を薄く削ぎ切りに

    鶏むね肉は包丁を斜めに入れ、繊維を断つように、外側に向かって薄く削いでいく。こうすると、短時間で火が通り、しっとり柔らかく仕上がる。

  • セリの葉は最後にさっと混ぜる

    シャキシャキ感が魅力のセリの葉は、一番最後に入れてさっと混ぜ合わせてすぐに皿に盛りつける。新鮮な食感を最大限に楽しんで。

  • セリの根の部分も捨てずに、よく洗って土を落として使う。「根っこに旨味が濃縮されています。同じ葉物である小松菜やほうれん草も同様です」と星谷さん

副菜 memo

玄米でエスニック風に

さっぱりとサラダ感覚で食べられる炒め物を、歯ごたえのある玄米にのっけてエスニック風ワンプレートにしてみては。もりもり食べてもヘルシーなのが嬉しい。