今日の晩ごはん

砂肝とアサリの酒蒸し

調理時間
30分(漬込み時間を含まず)

パンに合う洋風酒蒸し

ハーブやオリーブ油とマリネして寝かせた砂肝を、アサリとともに白ワインで酒蒸しにした洋風な一品。仕上げに青のりを混ぜれば磯の香りがふわり。パンと一緒にどうぞ!

材料 ( 2人分 )

  • 砂肝 …200g
<A>
  • ローズマリー …1枝
  • ローリエ …1枚
  • ニンニク …1/2かけ
  • レモン汁 …大さじ1
  • 塩 …小さじ1/2
  • オリーブ油 …大さじ1と1/2
  • 白ワイン …大さじ1と1/2
  • 黒こしょう …適宜
  • アサリ(砂抜きする) …300g
  • 白ワイン …100cc
  • プチトマト …7個
  • 青のり …小さじ1
  • 塩 …適宜

作り方

1 下ごしらえをする
砂肝は半分に切り、包丁を使って白い膜の所をこそぎ取る。更に半分に切る。食品用のビニール袋に入れて、上から揉んで調味液を馴染ませる。袋内の空気をなるべく抜くようにしてから冷蔵庫で2~3時間寝かせる。アサリは砂抜きしておく。プチトマトは半分に切る。
2 アサリを酒蒸しにする
鍋にアサリと白ワインを入れ、強火にかけて蓋をする。沸騰したら、中強火にする。アサリの口が開いたら、一旦アサリを取り出す。
3 煮る
残った汁に1の砂肝を調味液ごと入れ、再沸騰したら弱火にして砂肝に火が通るまで15分ほど煮る。最後にアサリを戻し入れ、青のりとプチトマトを入れてもう一煮立ちさせる。塩で味を調えて完成。

Point

  • アサリは口が開いたら一旦鍋から取り出す

    アサリの身は火を通しすぎると硬くなってしまうため、口が開いたら一旦取り出し、砂肝を煮てから再度アサリを鍋に戻す。

  • 砂肝は一晩漬け込む

    砂肝はハーブやニンニク、オリーブ油などとマリネして一晩漬け込むことで味がしっかり馴染み、持ちもよくなる。

  • 最後の仕上げに青のりを全体に和えるのがセトさん流。磯の香りがふわりと全体を包み、食欲をそそるアクセントになる。

副菜 memo

バゲットやジャガイモと一緒に

ハーブと青のりの豊かな香りはぜひカリッとトーストしたバゲットと一緒に。またほくっとした食感のジャガイモとも相性抜群。セトさんおすすめは丸ごとゆでたジャガイモを輪切りにして多めの油でじっくり焼いた付け合わせ。