今日の晩ごはん

ハニーマスタードチキンの玉ねぎソース

調理時間
30分

オーブンでじっくり焼いてジューシーに

下味をつけた鶏肉と玉ねぎを焼いただけとは思えない、豪華な一品。フライパンのように、火加減も不要。玉ねぎの甘みを生かしたソースをたっぷり添えて。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …1枚
<A>
  • 塩 …小さじ1/3
  • こしょう …少々
  • 玉ねぎ …1/2個
<B>
  • オリーブ油 …大さじ1
  • 塩、こしょう …各少々
<C>
  • 粒マスタード、はちみつ、醤油、オリーブ油 …各小さじ1と1/2
  • サラダ菜 …4~6枚

作り方

1 下ごしらえをする
鶏肉は約50℃の湯で洗って一口大に切り、水気をふき取る。玉ねぎは繊維に垂直に1㎝幅に切る。天板にオーブンシートを敷き込み、オーブンを220℃に予熱する。
2 下味をつける
鶏肉に<A>をまぶして、ボウルに入れ、<C>を加えて手でもみこむ。玉ねぎを別のボウルに入れて<B>をまぶしつける。
3 焼く
天板の真ん中に2の鶏肉を並べ、その周りに玉ねぎを並べ、オーブンで10~12分焼く。
4 でき上がり
皿にサラダ菜を敷き、鶏肉を盛り付け、玉ねぎと天板に残った汁を一緒に添える。

Point

  • 玉ねぎにも下味をつける

    切った玉ねぎと調味料をボウルに入れて、よくなじませる。こうすることで、ソースの味に深みが出る。

  • 酸味と辛味がアクセントになる粒マスタードや、甘みときれいな照りを出す効果のあるはちみつなど、4種の調味料を混ぜ合わせて合わせダレを作る。醤油でご飯と合う味にする。

副菜 memo

鶏肉と相性の良いオレンジを使う

果物を使ったおかずは、口の中をさっぱりとさせてくれるだけでなく、食卓を華やかにしてくれる。薄切りにしたオレンジに塩、こしょう、白ワインビネガー、オリーブ油を回しかけて作るサラダがおすすめ。