今日の晩ごはん

豚バラ肉とトマトの酸味卵炒め

調理時間
15分(きくらげを戻す時間は除く)

ふわふわ卵がおいしさの決め手

卵は別のフライパンで半熟に火を通してから加えると失敗なくふわっとした食感に仕上がります。絶妙な酸味に食欲が刺激されることうけあいです。

材料 ( 2人分 )

  • 豚バラ薄切り肉 …150g
  • トマト …1個
  • 新玉ねぎ …1/4個
  • 溶き卵 …1個分
  • キクラゲ(乾燥) …6g
  • ショウガ(みじん切り) …1/2片分
  • ごま油 …大さじ1
  • 塩 …小さじ1/4
  • 黒こしょう …少々
A
  • 酒、みりん …各大さじ1/2
  • 薄口醤油、きび砂糖 …各小さじ1
  • 酢 …小さじ1
  • 香菜 …適宜

作り方

1 下ごしらえをする
豚肉はひと口大に切る。トマトは3〜4cm大の角切りにし、玉ねぎは薄切りにする。ボウルにきくらげとひたひたのぬるま湯または水を入れて30~40分置き、戻す。固い部分を切り落とし、食べやすい大きさにちぎる。ボウルにAを入れて混ぜ合わせておく。
2 炒める
フライパンに油を熱し、ショウガを入れる。香りが立ってきたら豚肉を加える。肉の色が変わってきたら1のトマト、玉ねぎ、きくらげ、塩、こしょうを加えて肉に火が通るまで炒める。
3 卵焼きを作る
別のフライパンに油(適量・分量外)を加えて熱し、塩少々(分量外)を加えた溶き卵を流し入れる。木ベラなどで大きくかき混ぜ、半熟の卵焼きにする。
4 仕上げる
2のフライパンに3の卵焼きを加えてさっと混ぜ合わせる。Aを加え全体的にとろみがつくまで炒める。皿に盛り、好みでざく切りにした香菜を添える。

Point

  • 別のフライパンで卵焼きを作る

    卵に火が通り過ぎるのをふせぐため、別のフライパンで半熟の卵焼きを作って加える。2、3の手順は同時に調理を進めておくと効率が良い。

副菜 memo

事前に作っておけるものを

主菜はとろっとした半熟の卵が主役なので、出来たてをいただきたい。副菜は事前に手軽に作っておける、キュウリともやしのナムルなどがおすすめ。

おいしいからカラダもよろこぶ、旬のアスパラレシピ