今日の晩ごはん

おぼろ豆腐丼

調理時間
30分

甘辛タレが味の決め手

おぼろ豆腐とキムチをのっけた、ぱっと作れるお手軽丼。うなぎのタレのような甘辛タレがご飯によく絡み、食欲がない時にもさっといただけるお助けメニューです。

材料 ( 2人分 )

  • おぼろ豆腐 …200g
  • ご飯 …茶碗2杯分
  • キムチ …60g
  • 万能ネギ(小口切り) …適宜
  • かつおぶし …適宜
  • ごま …適宜
  • 刻み海苔 …適宜
<タレ>
  • 砂糖 …大さじ5
  • 醤油 …大さじ5
  • みりん …大さじ5
  • 酒 …大さじ3

作り方

1 タレを作る
みりんと酒を鍋に入れ、強火にかけ、沸騰させてアルコール分を飛ばす。砂糖と醤油を加えて混ぜる。再沸騰後アクをとり、ごく弱火にして、15分ほど煮詰める。最後にもう一度アクを取ったら火から下ろして、冷ます。
2 下ごしらえをする
キムチを粗みじん切りにする。
3 盛りつける
炊きたてのご飯の上におぼろ豆腐を崩しながらのせ、2のキムチ、万能ネギ、かつおぶしをのせる。ごまを指先でぎゅっとひねりつぶしながらかける。1のタレをお好みの量回しかけ、食べる直前に刻み海苔をのせる。

Point

  • キムチはみじん切りにする

    キムチはみじん切りにすることで、食べる時に豆腐とご飯にしっかりからんで一層美味しくなる。

  • 醤油、みりん、酒、砂糖をじっくり煮詰めて作る甘辛タレを丼にかけるのがセトさん流。タレは冷蔵庫で1カ月ほど保存が効くので多めに作って他のメニューにも使って。

副菜 memo

インゲンのごま和えを添えて

豆腐がメインの時には緑の野菜を副菜に添えて。シャキシャキした食感を楽しめる、インゲンのごま和えがセトさんおすすめの副菜。