今日の晩ごはん

メカジキのソテー なめたけクリームソース

調理時間
25分

野菜たっぷりのクリーミーソースが主役

さっぱりとしたメカジキを、生クリームと醤油の意外な組み合わせが包み込む。さまざまな種類のきのこを組み合わせると、食感と味に奥行きが出る。

材料 ( 2人分 )

  • メカジキ …2切れ
  • えのき …1/2株
  • しめじ …1株
  • エリンギ …1本
  • マッシュルーム …3~4個
  • パプリカ …1/4個
  • 塩、黒こしょう …各少々
  • 薄力粉 …少々
  • オリーブ油 …小さじ2
  • 白ワイン …大さじ1
  • 醤油 …小さじ2
  • 生クリーム …大さじ5

作り方

1 下ごしらえをする
きのこ類は石づきを取り除き、食べやすい大きさに切る。パプリカは種とワタを除き、細切りにする。メカジキはペーパーで水気をふき、塩、こしょうを振って薄力粉をまぶす。
2 焼く
フライパンに中火で油を熱し、メカジキを並べる。空いているスペースできのこ類を炒める。きのこ類がしんなりしてきたらパプリカを加え炒める。メカジキは両面色よく焼けたら取り出す。
3 ソースを作る
白ワインを加え、アルコール分を飛ばしたら、醤油を加える。さらに生クリームを加え、全体になじませる。器に2のメカジキと一緒に盛り付ける。

Point

  • メカジキときのこは同時に炒める

    フライパンの空いているスペースできのこも一緒に炒める。時間短縮できる上に、洗い物も少なく済む。

  • イタリアンのシェフに教えてもらったという生クリームと醤油の組み合わせ。醤油を加えることでご飯にも合う味に。生クリームは低脂肪のもの(35%程度)を使うとさっぱりと仕上がる。

副菜 memo

さっぱりと味を切り替えてくれるものを

クリーミーなソースには酢、塩、はちみつ、オリーブ油でつけた紫キャベツのマリネなど、口の中の味をリセットしてくれるさっぱり味のものがぴったり。ソースはバゲットに染み込ませて食べても美味しい。