今日の晩ごはん

鶏のくわ焼き山椒風味

調理時間
20分

ふんわりジューシーな鶏肉に夢中

肉の旨味がぎゅっと詰まった、上品な鶏肉料理。甘辛タレに実山椒を加えることで、香り高い大人好みの一品に変身。シシトウ、タケノコが味のアクセントに。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …1枚(約300g)
  • 薄力粉(もしくは片栗粉) …適量
  • 実山椒 …大さじ1/2
  • サラダ油 …大さじ1/2
  • シシトウ …6本
  • ゆでタケノコ …50g
<A>
  • 砂糖 …大さじ1
  • 醤油 …大さじ12/3
  • みりん …大さじ1
  • 酒 …大さじ1
  • 水 …大さじ1

作り方

1 実山椒のアク抜きをする
実山椒は枝から取り外し、沸騰した湯で10分程ゆでる。ざるにあげ、1~2時間水にさらす。途中時々水を替える。
2 材料を準備する
シシトウは2~3か所竹串で穴を開ける。タケノコは7~8mm厚さの薄切りにする。鶏肉は筋や余分な脂を取り除き、身の厚い部分に切込みを入れて厚さを均等にし半分に切り、薄力粉(または片栗粉)を薄くまぶしておく。Aは混ぜ合わせておく。
3 鶏肉を焼く
フライパン油を入れて鶏肉を入れる。弱火にかけ、7~8分焼く。フライパンの空きスペースで2のシシトウとタケノコを焼き、焼き色がついたら取り出しておく。
4 タレを加える
鶏肉を裏返してさらに4~5分焼いたら、Aと実山椒を加え、汁気が少なくなるまで絡め焼く。
5 仕上げる
鶏肉を食べやすい大きさに切り、器に盛り、シシトウ、タケノコを添える。

Point

  • 返す回数を少なくするとジューシーに

    鶏肉は、焼く時に何度もひっくり返すと肉汁が漏れてしまってNG。片面が焼けたら裏返すようにして。

  • 鶏肉を焼いてタレに絡めるだけのシンプルな料理なだけに、丁寧な調理が重要。「鶏肉は焼く前に薄力粉もしくは片栗粉を薄くまぶすと、味の絡みがよくなりますよ」。

副菜 memo

葉もの野菜で栄養バランスを補って

肉がメインの料理なので、野菜が不足しがち。栄養バランスを補うためにも、ほうれん草のごま和えなど、葉もの野菜の料理を添えたい。和食で統一すると、味のバランスも整う。