今日の晩ごはん

ハーブバター入りチキンカツレツ

調理時間
30分

ジューシーなカツをハーブで爽やかに

香ばしく揚がったカツレツは、ナイフを入れると中から肉汁とバターがじゅわ~っとあふれ出る。ボリューム満点だが、すっきりとしたハーブの香りで爽やかに食べられる。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏胸肉(皮は取る) …1枚
  • 塩、こしょう …各適量
(ハーブバター)
  • 無塩バター …30g
<A>
  • 塩 …少々
  • こしょう …少々
  • ディル、イタリアンパセリなどハーブ類(刻む) …1束分
  • ニンニク(おろす) …小さじ1/2
  • 薄力粉 …適量
  • 卵 …1個
  • パン粉(細かいもの) …適量
  • 揚げ油 …適量
  • レモン(くし切り) …適量

作り方

1 下ごしらえ
バターは常温に戻してAを混ぜ、ラップに広げ、冷蔵庫で冷やして固める。鶏胸肉は2つに切り、ラップで肉を挟み、めん棒などで叩いてできるだけ薄く伸ばす。
2 成形する
1の鶏肉に塩、こしょうを振り、二等分にしたハーブバターを真ん中にそれぞれのせ、俵型に成形する。
3 揚げる
2に薄力粉、溶き卵、パン粉の順につけ、160℃の油で揚げ、油をきる。器に盛り、レモンを添える。

Point

  • パン粉は細かいものを

    パン粉は細かいものを使うと揚げ上がりも美しく、口当たりも細やかに仕上がる。粗い場合はフードプロセッサーにかけて細かくするとよい。

  • ロシアの人に教わったというチキンカツレツは、中にハーブバターを入れるのが美味しさのカギ。バターに香りの良いハーブを混ぜることで味わいがより豊かになる。ハーブバターは作りおきしておくと他の料理にも使えて便利。

副菜 memo

箸休めになる一品を

揚げ物には、さっぱりとした味付けの、箸休めになる副菜が好相性。キュウリのピクルスやラディッシュ、ドレッシングにヨーグルトやマヨネーズを使ったサラダなどを合わせて。