今日の晩ごはん

里芋と豚肉の早角煮

調理時間
40分

ご飯がどんどん進む“やみつきおかず”

具材は里芋と豚肉だけというシンプルな煮物。濃厚な醤油ベースの味付けでどんどんお箸が進み、やみつきになる美味しさ。白いご飯にもよく合う!

材料 ( 作りやすい分量 )

  • 里芋 …8個(約600g)
  • 豚バラ肉(塊) …300g
  • ショウガ …1片
  • サラダ油 …大さじ1
<A>
  • 水 …2カップ
  • 酒 …大さじ2
  • しょうゆ …大さじ3
  • 砂糖 …大さじ1と1/2
  • 青ゆず …適宜

作り方

1 下ごしらえ
里芋は皮をむき半分に切り固めに下茹でする。鍋に里芋と水を入れ火にかけ、沸騰して5分ほど茹でたらざるにとり洗いぬめりをとる。豚バラ肉は食べやすい大きさに切り、ショウガは皮ごと薄切りにする。フライパンにサラダ油を熱し、ショウガと豚バラ肉をこんがり焼いて取り出す。出てきた脂は捨てる。
2 具材を煮る
鍋にAを煮立たせ、まず豚肉を10分位中火で煮る。その後、里芋を加え落としぶたをして15~20分位里芋が柔らかくなるまで煮る。煮汁が少なくなったら落としぶたをとり、火を強めて鍋を返しながらほとんど煮汁がなくなるまで煮詰める。
3 盛り付ける
器に盛り付け、青ゆずの皮をすりおろしたものを振りかける。

Point

  • 里芋はしっかり下茹でする

    里芋はしっかり下茹でしておく。そうすることでヌメリが取れて煮崩れもしない。形は美しく、柔らかい口当たりに。

  • 豚肉は先にさっと焼きつけておく

    豚肉は里芋と別に先にさっと焼き付けておくと余分な油が落ち、ヘルシーに仕上がる。後味もさっぱり!

  • 最後に青ゆずを擦ってかけると香りが広がり、爽やかに仕上がる。濃いめの味付けだからこそ、青ゆずの香りが一層引き立ちアクセントになる。

副菜 memo

緑の野菜を使った副菜がおすすめ

シャキシャキとした水菜のサラダや、ホウレン草のおひたしなど、青野菜を使ってさっぱりとした副菜がよく合う。メインはボリュームたっぷりなので、箸休めになる一皿を添えてみて。