今日の晩ごはん

トマジャガ(トマト入りの肉ジャガ)

調理時間
25分

定番の味に爽やかなトマトの酸味をプラス!

肉ジャガを夏向きの味にアレンジ。真っ赤に熟れたトマトを足すことで、甘辛い味に酸味が加わり、新鮮な味わいに。材料をすべて大ぶりに切ってボリュームたっぷりに仕上げて。

材料 ( 2人分 )

  • ジャガイモ …5~6個
  • トマト …2個
  • 玉ねぎ …1個
  • シシトウ …6本
  • 豚バラ肉 …100g
  • ゴマ油 …大さじ1/2
<A>
  • 醤油 …大さじ2
  • 砂糖 …大さじ11/2
  • 酒 …大さじ2

作り方

1 材料を切る
ジャガイモは皮をむき食べやすい大きさに切り、水に浸けてアク抜きをする。玉ねぎはくし形、トマトは4等分に切る。豚肉は食べやすい大きさに切る。
2 蒸し煮する
鍋に油を熱し1のジャガイモ、玉ねぎを入れて油をなじませる。続いてトマトと豚肉を加え、蓋をして弱火にし、10分蒸し煮してトマトの水分を引き出す。
3 さらに煮る
2に<A>を加え、蓋をずらし、ジャガイモが軟らかくなるまで中火で10~12分ほど煮る。最後にシシトウを加え、ひと煮立ちさせる。

Point

  • トマトの水分で蒸し煮する

    水は加えず、トマトから出る水分だけで調理。トマトの水分がダシ代わりになり、旨味たっぷりに仕上がる。

  • 夏は暑さで食欲不振になりがち。そんな時はトマトの酸味で食欲を促進させる。夕食の定番メニューの肉ジャガも、トマトを加えるだけで見た目も味も様変わり。箸もどんどん進む。

副菜 memo

アレンジメニューには王道の味をチョイス

主菜はトマトの酸味が強いので、副菜にはホッとする味わいのメニューがよく合う。シンプルな味噌汁は、日本人なら誰もが落ち着くはず。栄養バランスを考慮して、インゲンのゴマ和えなどを合わせるのも正解!