今日の晩ごはん

ドライカレー

調理時間
25分

食べたい時にささっと作れる本格カレー

三が日が過ぎると、無性に食べたくなるカレー。カレー粉に、ケチャップや砂糖など身近な調味料を加えるだけで本格的な味に。家にあるものでささっと作れる嬉しいレシピです。

材料 ( 2人分 )

  • 合挽肉 …140g
  • ニンニク(すりおろし) …1片分
  • 玉ねぎ …1個
  • ニンジン …1/2本
  • オリーブ油 …大さじ1
  • ローリエ …1/2枚
  • 塩 …小さじ1
  • カレー粉 …大さじ1と1/2
  • 水 …3/4カップl
<A>
  • 醤油、ケチャップ、ウスターソース、ジャム …各小さじ1
  • 砂糖、ガラムマサラ …各小さじ1/2
  • 塩、こしょう …各適量
  • ご飯 …2膳分
  • レーズン、スライスアーモンド(ロースト済み)、セルフィーユ …各適量

作り方

1 下ごしらえをする
玉ねぎはみじん切りに、ニンジンはすりおろす。
2 炒める
鍋に油、ニンニク、ローリエを入れて中火にかけ、香りが立ってきたら玉ねぎ、塩を加え、きつね色になるまで炒める。
3 カレー粉を加える
2にニンジン、挽肉の順に加えて炒め、肉の色が変わってきたらカレー粉を加え、さらに炒める。
4 煮る
水を加え、蓋をして弱火で10分煮る。仕上げに<A>を加えて味を調える。
5 盛り付ける
器にご飯、カレーを盛り、レーズン、スライスアーモンド、セルフィーユを散らす。

Point

  • 玉ねぎはしっかり炒める

    玉ねぎはきつね色になるまでしっかりと炒める。玉ねぎ本来の甘みが引き立つ。

  • ニンジンはすりおろしてから加えると、ニンジンの自然な甘みが全体に行き渡り、カレー粉とガラムマサラだけで、本格的な味に仕上がる。仕上げに散らすレーズンやセルフィーユとの相性も抜群。

副菜 memo

温かいものには冷たい副菜を

カレーには定番の冷たいコールスローを添えて。温かいものには冷たいものを、軟らかいものには硬いものを、など、反対の食感や温度の副菜を合わせるのが星谷さん流。このルールあるだけで献立作りが楽に。