今日の晩ごはん

枝豆とキュウリと蒸し鶏の中華和え

調理時間
20分

夏の定番にしたい涼しいごはん

涼しげな彩りが夏にぴったりの中華和え。さっぱりとした味わいで、食欲がない日でもたっぷり食べられそう。作り方も簡単なので、暑い季節には特にありがたいメニューだ。

材料 ( 2人分 )

  • 枝豆 …100g
  • キュウリ …1本
  • 鶏ささみ肉 …1本
  • ショウガ …少々
  • 塩 …1つまみ
  • 酒 …大さじ1
  • 水 …大さじ1
  • 長ねぎ(白い部分) …5㎝長ぐらい
<A>
  • 醤油 …大さじ1
  • 黒酢 …大さじ1
  • 豆板醤 …小さじ1
  • 砂糖 …大さじ1/2
  • ごま油 …大さじ1
  • 白ごま …適宜

作り方

1 下ごしらえ
枝豆は色が鮮やかになるまで塩ゆで(塩と湯は分量外)して、さやから取り出しておく。キュウリは洗って、麺棒などで叩き、食べやすい大きさに切る。
2 鶏肉を加熱する
鶏肉は、耐熱容器に入れ、薄切りにしたショウガをのせる。塩、酒、水をかけてラップをし、500Wの電子レンジに2分20秒ぐらいかける。鶏肉は手で割いて、容器に残ったスープに漬けて冷ます。
3 長ねぎを切る
長ねぎは縦に切れ目を入れて中の芯を取り出し、白い部分を千切りにする。
4 タレを作る
<A>の材料をすべて混ぜておく。
5 仕上げる
枝豆、キュウリ、鶏肉、長ねぎをさっと合わせて、4をまわしかけ、全体をよく和える。

Point

  • 蒸し鶏は電子レンジを使う

    鶏肉は、電子レンジを使って加熱。あっという間に蒸し鶏ができるので、手軽に作りたい時に便利。

  • 蒸し鶏はスープで冷ます

    ほぐした蒸し鶏は、蒸した時に使ったスープに漬けながら冷ます。パサパサせずしっとりと仕上がる。

  • キュウリは大きく切って食感を楽しもう。切る前に麺棒などで全体を叩いておくと、和えた時に味がなじみやすいのでおすすめ。さっぱりなのに味わい深い仕上がりになる。

副菜 memo

具だくさんの味噌汁を添えて

さっぱりとしたメインは、組み合わせの幅も広い。南風食堂さんのおすすめは、ナスや油揚げ、ジャガイモなどがたっぷり入った、具だくさんの味噌汁。干物など軽めの“もう一品”と合わせてもいい。