今日の晩ごはん

豆腐ステーキのアサリあんかけ

調理時間
25分

旨味たっぷり! 元気になれるひと皿

アサリと鶏挽肉の旨味が詰まった具だくさんのあんかけを、香ばしく焼いた豆腐にかけた一品。旬のアサリはイライラ防止効果も。ご飯と一緒に食べて、週の初めに活力を!

材料 ( 2人分 )

  • 絹ごし豆腐 …1丁
  • アサリ(砂抜き済み) …220g(15個程度)
  • 鶏挽肉 …50g
  • 黒きくらげ …4g
  • スナップえんどう …6個
  • ニンニク(みじん切り) …1/2片
  • しょうが(みじん切り) …1/2片
  • 片栗粉 …大さじ1と1/2
  • サラダ油 …大さじ1と1/2
  • ゴマ油 …小さじ1
<A>
  • オイスターソース …大さじ1
  • 酒 …大さじ1
  • 水 …1カップ
  • 塩・粗挽き黒こしょう …少々
  • 粉山椒 …少々
<水溶き片栗粉>
  • 片栗粉 …小さじ1と1/2
  • 水 …大さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
豆腐は水切りし、6等分に切る。黒きくらげは水で戻し食べやすい大きさに切る。スナップえんどうはすじをとる。黒きくらげとスナップえんどうを熱湯でさっと茹で、ざるにあげ、スナップえんどうはふたつにさいておく。
2 豆腐を焼く
1の豆腐の両面に片栗粉をまぶし、油を敷いて熱したフライパンでこんがり焼き色がつくまで加熱する。かるく塩こしょうをしたら、器に盛りつける。
3 鶏挽肉を炒める
フライパンに残りの油とショウガ、ニンニクを加え弱火で温め、香りが出たら鶏挽肉も色が変わるまで一緒に炒める。
4 アサリを入れあんを作る
3にAとアサリを加え、フタをしてアサリの口が開いたら身を殻から外し、水溶き片栗粉を入れてさっと煮立て、黒きくらげとスナップえんどうも加える。
5 仕上げる
ゴマ油を入れて、塩こしょうで味を調え、2の上にかける。粉山椒をふって完成。

Point

  • アサリは加熱しすぎない

    アサリは加熱しすぎると身が硬くなってしまうので、口が開いてからはすばやく仕上げる。また、身は殻から取り出した方があんに絡みやすく食べやすいのでおすすめ。

  • 豆腐にしっかり焼き目をつける

    両面に片栗粉をまぶした豆腐はこんがり焼き色をつけて。香ばしさが増し、食べごたえもアップ。見た目にも美味しく仕上がる。

  • アサリと鶏挽肉を使うことで、あんかけに深いコクを出す。「海のものと肉を合わせると旨味が倍増します。アサリが主役なので、鶏はダシ感覚で」と鳥海さん。

副菜 memo

ナムルなど野菜の和え物を

トロっとしたあんかけがごはんに合うおかずには、野菜をしっかり補える副菜を。ニンジンとクレソンのナムルなどがおすすめ。千切りにして茹でたニンジンと生のクレソンをごま油、白ごま、ニンニクすりおろし、塩などで和えて、彩りも鮮やかに。