今日の晩ごはん

白身魚のソテー ジェノベーゼソースかけ

調理時間
15分

緑が鮮やかなジェノベーゼソースはイタリア料理には欠かせない。自宅に必ずある食材で作る方法をマスターすれば、魚料理が手軽に、よそいきメニューに変身。

材料 ( 2人分 )

  • 鯛やたらの切り身(今回は鯛を使用) …2切れ
  • 塩・こしょう …各少々
  • オリーブ油 …適量
<A>
  • 青じそ …20枚
  • くるみ …2個
  • ニンニク …1/2かけ
  • オリーブ油 …大さじ3
  • 味噌 …大さじ1

作り方

1 下味をつける
魚に塩、こしょうをし、味を引き締め、臭みを抜くために10分程度おいておく。(時間がない場合はすぐに焼いてもOK)
2 ジェノベーゼソースをつくる
くるみはから煎りしてさましておく。Aはすべてミキサーで撹拌する。
3 焼く
フライパンに適量の油(分量外)を熱し、魚の皮目から焼く(皮がない場合はどちらから焼いても良い)。片面焼けたらひっくり返して蓋をし、じっくりと火を通す。
4 仕上げる
2のソースを加えて煮からめる。

Point

  • ソースの材料はすべてみじん切りに

    ミキサーがない場合は細かいみじん切りに。よりなめらかにしたい場合は切った後にすり鉢でするといい。

  • アンチョビソースの代わりに、なんと味噌を使用して食べやすい味に。アンチョビと味噌のコクがとても似ているので、和風食材で洋風ソースが作れる。

副菜 memo

ズッキーニのソテー

魚を焼く前のフライパンにオリーブ油を熱し、輪切りにしたズッキーニをソテーする。魚に下味をなじませている間にできる時短&簡単なメニュー。他の野菜でももちろんOK。