今日の晩ごはん

鶏のママレード照り焼き

調理時間
10分(タレに漬け込む時間を除く)

果実の甘みを感じる大人な照り焼き

肉を軟らかくし、そしてきれいな焼き色をつける秘訣は隠し味にプラスする、酢。またママレードのほろ苦さが、大人好みのワンランクアップした味に仕上げてくれる。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …200g
<A>
  • ママレードジャム …大さじ2
  • 醤油 …大さじ2
  • フルーツ酢 …大さじ1/2 (今回はパイナップル酢を使用)
  • オリーブ油 …少々
  • 白ワイン(ない場合は酒) …少々
  • ニンニク …1/2かけ

作り方

1 鶏肉をタレに漬ける
鶏肉は一口大に切り、Aのタレに30分以上漬け込む。ポリ袋などに入れて、なるべく密封状態にすると味が早く染み込む。
2 焼く
フライパンに油を熱し、薄切りにしたニンニクを入れる。香りがたったら肉を皮目から焼く。片面焼けたらひっくり返して白ワインを加え、蓋をして火を通す。
3 仕上げる
袋に残ったタレを加えて強火で煮からめる。※こげつきやすいので注意する。

Point

  • 酢と一緒に漬け込んで肉をやわらかく

    合わせダレに酢を入れることで肉がよりジューシーに、軟らかく仕上がる。袋に入れてできるだけ密封状態に。

  • リンゴ酢、ざくろ酢、パイナップル酢、白ワインビネガーなど気分で酢の種類を変えて風味の違いを楽しむ。加糖していないものを選んでヘルシーに。

副菜 memo

具だくさん野菜スープ

なるべく無農薬で育てられた野菜を選び、ねぎの葉やニンジンの皮などからダシをとる。ズッキーニや玉ねぎ、ニンジンなど冷蔵庫にある野菜を何でも入れてボリュームのあるスープを。