今日の晩ごはん

韓国風煮っころがし

調理時間
30分

新ジャガはタレを絡めて食べるのが美味!

豚肉や新ジャガをカラッと揚げてから韓国風のタレに絡めた、ご飯が進む一品。外は甘辛く中はイモそのものの味わいが残る、新ジャガの美味しさを楽しんで。

材料 ( 2人分 )

  • 新ジャガイモ(小) …6個(約300~350g)
  • ニンジン …1/4本(7㎜厚さの輪切りまたは半月切りにする)
  • 豚ばら肉 …100g(3㎝幅に切る)
  • インゲン …4本(3㎝長さに切る)
<A>
  • コチュジャン …大さじ1
  • 味噌、醤油 …各小さじ1/2
  • 砂糖 …小さじ2
  • 酒 …大さじ1
  • 水 …75cc
  • ニンニク、ショウガ(すりおろし) …各小さじ1
  • ごま油 …小さじ2
  • 白すりごま …大さじ1
  • 揚げ油 …適量

作り方

1 ジャガイモの下ごしらえ
ジャガイモはよく洗い、2等分に切る。水にさらし、水気をよくふき取る。
2 根菜を揚げる
フライパンに<1>を入れ、油をひたひたまで注ぎ入れ、中火でじっくり揚げる。7分揚げたら、ニンジンも加えて一緒に3分揚げる。
3 豚肉を揚げる
<2>のジャガイモがきつね色になり、ニンジンとともに串がすっと刺さるようになったら取り出し、豚肉を加えて3分ほど揚げる。インゲンはさっと揚げて取り出す。
4 煮からめる
別のフライパンに<A>を強火で煮立て、<3>を加え煮絡める。全体に絡んでとろりとしたら器に盛り、すりごまを振る。

Point

  • 新ジャガは最初から入れる

    揚げ油を熱してからではなく、新ジャガは最初から入れて火にかける。そうすることでじっくり中まで火が通る

  • 新ジャガは水分が多くみずみずしいため、味が入り込みにくいのが特徴。堤さんのおすすめは、味を染み込ませるというより、周りにタレを絡めていただく方法。タレとイモの味がバランス良く一体となった美味しさを楽しめる。

副菜 memo

ナムルを添えて韓国風に

こっくり味の煮物には、さっぱり食べられる副菜を合わせるとバランスがいい。新玉ねぎを繊維を断ち切るように切り、塩、こしょう、ニンニクのすりおろし、ごま油、鰹節で和えたナムルを添えて。