今日の晩ごはん

ブラックオリーブと挽肉の炒飯

調理時間
15分

タイで愛されている昔ながらの料理

ブラックオリーブは、実は中華食材。旨味がぎゅっと詰まった独特な味わいは、クセになる。タイ米で作ると、ぱらぱらな仕上がりになり、より本格的な味わいに。

材料 ( 2人分 )

  • 温かい白飯 …茶碗2杯分(約360g)
  • 黒オリーブ …12粒分
  • 豚挽肉 …100g
<A>
  • ニンニク(みじん切り) …1片
  • サラダ油 …大さじ1
<B>
  • ナンプラー …小さじ1
  • 醤油 …小さじ1
  • グラニュー糖 …小さじ1/2
  • 白こしょう …ひとつまみ
<付け合わせ>
  • キュウリ …1/2本
  • レモン …1/4個分
  • アーモンド …大さじ2
  • パクチー …適宜

作り方

1 食材を切る
ブラックオリーブはみじん切りにする。キュウリは薄切り、レモンは1センチ程度の皮ごといちょう切り、アーモンドは粗みじん切りにする。
2 炒める
フライパンに<A>を入れて火にかける。香りがたったら黒オリーブ、鶏肉を加えて、ほぼ火が通るまで炒める。<B>を加え、ご飯を入れる。ご飯を木べらなどで押さえつけて味をなじませながら炒め合わせる。
3 仕上げ
2を器に盛り1で切ったキュウリとレモン、アーモンドとパクチーをを添える。炒飯と付け合わせを混ぜながら頂く。

Point

  • ピーラーを使ってキュウリをアレンジ

    日本でも専門店で手に入る専用のピーラーを使ってキュウリをアレンジする。雰囲気がより出る。

  • 木べらで押さえながら炒める

    ご飯と食材を合わせる時は、木べらで押さえるように炒めると味がなじみ美味しく仕上がる。

  • 本場では、ライムとピーナッツを和えていただくのが主流だが、レモンと、アーモンドを使うが小林さんならでは。味に少し変化を加えながら最後まで美味しくことができる。

副菜 memo

季節のフルーツを使った副菜と一緒に

メインがしっかりとした味なので、後味がすっきりするスイカを使った副菜を。角切りのスイカとモッツアレラに塩、こしょうを振ってカップレーゼ仕立てに。。または、後味がすっきりしたタイで作られた白ワインもおすすめ。