今日の晩ごはん

ラタトゥイユ

調理時間
30分

野菜がたっぷり食べられる

鍋でコトコト煮込んだ野菜はほんのり食感が残るやわらかさ。優しい旨味と甘味が口の中にじんわり広がり、身体が喜ぶ美味しさだ。冷やして食べてもまた格別。

材料 ( 作りやすい分量 )

  • トマト …2個
  • ズッキーニ …1本
  • ニンジン …1本
  • ナス …2本
  • カボチャ …1/4個(250g)
  • ピーマン …2個
  • 玉ねぎ …1/2個
  • ベーコン …3枚
  • EXVオリーブ油 …適量
  • ローリエ …1枚
  • こしょう …少々
  • 塩 …少々

作り方

1 具材を切る
トマトは湯むきし、ズッキーニ、ニンジン、ナスはヘタを切って乱切りにする。カボチャはラップをして600Wのレンジで2分加熱してから種をスプーンでこそげ取り、皮のまま他の具材と同じくらいの乱切りにする。ピーマンは半分に切って種とヘタを手でむしり取り、玉ねぎは皮をむいてそれぞれ乱切りにする。ベーコンは食べやすい大きさに切る。
2 具材を炒める
フライパンでベーコンを炒め、ナスを加えて油を吸わせるようにして中火で炒め、煮込む鍋に移しておく。フライパンは洗わずに、トマト以外の野菜を1種類ずつオリーブ油でさっと火が通るくらい中火で炒め、鍋に移していく。
3 煮る
2の鍋にトマトとローリエ、こしょうを加えて中火にかけ、かき混ぜる。煮汁が出てきたら弱火にして蓋をし、野菜がやわらかくなるまで10~15分煮込む。味見をして塩が足りなかったら少々加える。

Point

  • 野菜は一種類ずつ炒める

    野菜はそれぞれ火の通りが違うため一種類ずつ炒める。形も崩れにくくなり、それぞれの野菜の形が残って見た目にも美しい仕上がりに。

  • ラタトゥイユは味がなじんだ翌日も美味しい。翌日の朝ごはんは、耐熱容器にラタトゥイユを入れ、卵1個を割り入れて蓋をし、600Wのレンジで1分ほど加熱。半熟卵を崩してとろ~りと黄身が出てきたところをパンにのせていただく。

副菜 memo

パスタやご飯を合わせるのもおすすめ

一皿で野菜がたっぷり摂れるため、副菜いらずのラタトゥイユ。ペペロンチーノなどシンプルなパスタと合わせたり、ご飯を入れてリゾット風にするのもおすすめ。チーズやタバスコでアクセントをつけても◎。