今日の晩ごはん

レバーとチンゲン菜の炒め物

調理時間
20分

レバーが苦手でも美味しくいただける

パリッと香ばしくショウガの風味をつけて焼いたレバーは臭みもなく美味! オイスターソースが効いた食欲をそそる中華風炒め。血の巡りが良くなり体も喜ぶ一品です。

材料 ( 2人分 )

  • 豚レバー …150g
  • チンゲン菜 …2株
  • クコの実 …5g
  • ショウガ(千切り) …1片分
  • 片栗粉 …大さじ2
  • サラダ油 …大さじ3
  • ゴマ油 …小さじ1
  • 塩・粗挽き黒こしょう …少々
<A>
  • オイスターソース …大さじ1
  • 水 …大さじ1
  • 酒 …大さじ1
  • きび砂糖 …小さじ1と1/2

作り方

1 下ごしらえをする
クコの実はぬるま湯で戻しておく。チンゲン菜は、葉と茎にわけ葉を2等分のざく切りにする。茎は縦半分に切ったあと、それぞれを4つ割にして水洗いし、砂などの汚れをよく落としておく。豚レバーは一口大に切って水にさらし、余分な水気をキッチンペーパーで拭きとる。
2 チンゲン菜を炒める
フライパンを強火で熱し、サラダ油(大さじ1)を入れたら、チンゲン菜の茎を加えて、透き通るまで炒める。炒めたら一旦バットなどに取り出す。
3 レバーを炒める
1のレバーにまんべんなく片栗粉をまぶす。フライパンに残りのサラダ油とショウガを入れて熱し、レバーを加えて両面にこんがり焼き目がついたら塩こしょうをふる。
4 仕上げる
3にAを回し入れ、全体になじんだらチンゲン菜の茎と葉、クコの実を加えてさっと炒めあわせ、仕上げにゴマ油と塩こしょうで味を調える。

Point

  • チンゲン菜の食感を楽しむ切り方

    チンゲン菜の茎は厚みがあり、火を通し調味料が絡むとジューシーになる。シャキシャキ感を残すには、茎の部分をまず縦半分に、さらにそれぞれ4分割し、立体的にカットするのがコツ。

  • レバーに片栗粉をまぶして両面にこんがり焼き色をつけてから調味料と絡めると、味がしっかりのって美味しく仕上がる。「レバー特有の臭みや食感が苦手という人にぜひお試しいただきたい食べ方です」。

副菜 memo

さっぱりめのスープがおすすめ

オイスターソースなどを使った濃いめの味付けには、さっぱりする鶏ガラスープなどを添えて。わかめと卵を入れた優しい味わいのスープなどがおすすめ。ごはんが進むこと間違いなし!