今日の晩ごはん

もちきびと白菜のあんかけ

調理時間
25分

素材の旨味をあんで閉じる

たっぷりの野菜やキノコから出る旨味をあんで閉じたおかずは、ご飯にのせてあんかけ丼にするのもおすすめ。葛粉とショウガを使っているので身体が温まるのも嬉しい。

材料 ( 2人分 )

  • もちキビ …1/4カップ
  • 青菜や白菜 …200g
  • きのこ(シイタケ、シメジ、えのきだけ) …100g
  • ニンジン …20g
  • 白ねぎ …1/2本
  • ショウガ …5g
  • ダシ …150cc
  • 本葛粉 …大さじ1
  • 海塩 …小さじ1
  • ごま油 …大さじ2

作り方

1 下ごしらえ
もちキビはしっかりと洗って水気をきっておく。青菜や白菜は長さ5cmの粗い千切り、きのこは石づきを取り小分け、ニンジンは太めの千切り、白ねぎは粗いみじん切り、ショウガは千切りにする。葛粉は倍量の水で溶いておく。
2 炒める
鍋にゴマ油を温め、白ねぎとショウガを炒める。良い香りがしてきたら、きのこ、ニンジン、青菜、白菜をさっと炒め、ダシを加え強火にかける。
3 煮る
煮立ってきたら塩ともちキビを加え、再沸騰したら弱火にして15分煮る。
4 仕上げる
<1>の葛粉を加えて、中火で透明になるまで混ぜ合わせる。

Point

  • 葛粉はできるだけ溶かす

    葛粉は沈殿したら溶くを数回繰り返す。なるべく溶かしてから加熱をすると、ダマになりにくい。

  • しいたけとシメジは旨味が増すので、天日干しにしてから使う。完全に乾燥させず、セミドライくらいが良い。切る時は包丁を使わずに手で裂くと、断面積が広くなり味が染み込みやすい。

副菜 memo

冬に大活躍の葛粉を使って

葛は風邪予防にもなるため、岡田家では必需品。輪切りにしたレンコンに葛粉をまぶして揚げ焼きにする。刻んだねぎとごま油、醤油、酢で作った自家製ねぎソースをレンコンにたっぷりのせて食べる。