今日の晩ごはん

サバの味噌煮 焼きトウモロコシ添え

調理時間
20分

定番料理にトウモロコシで季節感を与えて

一年中食べたい定番料理には、旬の野菜を加えて季節感を出すのが高橋さん流。今ならトウモロコシ、春はセリ、秋はきのこ、冬には根菜など、アレンジメニューも楽しみたい。

材料 ( 2人分 )

  • サバ …2切
  • トウモロコシ …1/2本
  • オクラ …2本
  • サラダ油 …大さじ1
  • 七味唐辛子 …少々
<A>
  • ショウガ(輪切り) …6枚
  • 唐辛子(種抜き) …1本分
  • 水 …150ml
  • 酒 …100ml
  • 味噌 …50g
  • みりん …大さじ2

作り方

1 サバの下処理をする
サバの皮目に十字に切り込みを入れる。ざるなどの上に皮目を上にしてのせ、熱湯をかけて血合いを取り除き、キッチンペーパーで水気をふき取る。小麦粉(分量外)をまぶし、余分な粉をしっかりとはたき落とす。
2 トウモロコシを焼く
トウモロコシは包丁でそぎ切りにする。ごま油、醤油少々(どちらも分量外)をぬり、オーブントースターで焼き目がつくまで加熱する。
3 サバを焼く
フライパンに油を熱し、サバを皮目から入れ、焼き目がつくまで中火~強火で焼く。裏返し、裏面も焼き目がついたら、別皿に取り出して余分な油をキッチンペーパーでふき取る。
4 サバを煮る
3のフライパンにAを加え、よく混ぜ合わせ、サバを戻し入れる。弱火~中火でふつふつとするまで加熱する。
5 仕上げる
皿にサバを盛り、煮汁をかける。2のトウモロコシと輪切りにしたオクラを添え七味唐辛子を振る。

Point

  • 余分な小麦粉はしっかりとはたき落とす

    サバにまぶした小麦粉は、しっかりとはたき落とすことで、サクっとした食感に。

  • 味噌の煮汁に、唐辛子とショウガを入れて煮立たせて香りづけをする。辛みを少しプラスすることで味噌の味がぐっと引き立ち、食べやすくてクセになる味わい。

副菜 memo

我が家の定番の副菜を

定番のメニューには、一番お気に入りの副菜を合わせて黄金の組み合わせに。高橋さんは、焼いた油揚げと塩ゆでしたほうれん草にごま油、ニンニク、塩を和えたナムルを合わせることが多いそう。