今日の晩ごはん

ライムとアサリのパスタ

調理時間
30分

ライムのフレッシュな風味が味をひきしめる

旬のアサリをふんだんに使ったオイルベースのパスタ。酸味のあるライムの搾り汁と皮をプラスして、より食べやすくさっぱりと。春を感じさせてくれる爽やかな一品です。

材料 ( 2人分 )

  • パスタ(1.8mm) …200g
  • アサリ …250g
  • パプリカ(黄) …1/2個
  • ニンニク …2片
  • 鷹の爪 …1本
  • 白ワイン …大さじ2
  • 塩 …ひとつまみ
  • 黒こしょう …適量
  • ライムの搾り汁 …1/2個分
  • パルメザンチーズ …適量
  • ライムの皮 …1個分
  • オリーブ油 …大さじ2

作り方

1 下ごしらえ
アサリはよく洗って、塩水に入れて砂抜きをしておく。パプリカは種を取り、5mm角に切る。ニンニクはつぶして、皮と芯の部分をとっておく。
2 麺をゆでる
フライパンに油、ニンニク、鷹の爪を加えて弱火で香りをだす。鍋に1%塩分の湯を沸かし、パスタ麺を袋の表示通りにゆでる。
3 ソースを作る
麺をゆでている間に、<2>のフライパンにアサリとパプリカを加え、油になじませる。白ワインをさらに加えて蓋をし、弱火で5分蒸す。ゆで汁70ccを加えてよく乳化させる。
4 仕上げる
<3>にゆであがった麺を入れてさっと混ぜ、塩、こしょうとライムの搾り汁で味を調える。器に盛り付け、チーズと削ったライムの皮を振る。

Point

  • 油を乳化させる

    油にゆで汁を加えて、弱火でしっかりと乳化させるのが美味しさの秘訣。とろっとするので麺に味が絡みやすくなる。

  • 味に新たな発見と広がりを与えてくれるライムの皮を仕上げに加えるのが山田さん流。爽やかな香りが口いっぱいに広がります。

副菜 memo

口をさっぱりとさせてくれるサラダを

オイルベースにチーズを加えたパスタには、インゲンやスナップエンドウなどやや苦味のある野菜が合う。これらに、余ったライムを使ったドレッシングをかけると統一感が出て◎。