今日の晩ごはん

豆乳のビーフストロガノフ

調理時間
20分

優しい味わいのビーフストロガノフ

豆乳と味噌を加えた味わいと牛肉が良く合う逸品。バターライスを添えて贅沢なワンプレートご飯として楽しんでみるのも◎。

材料 ( 2人分 )

  • 牛肉こま切れ …120g
  • 薄力粉 …大さじ1
  • 植物油 …小さじ2
  • しめじ …1/2パック
  • マッシュルーム …2ケ
  • 玉ねぎ …1/2ケ
  • ニンニク …1片
  • 白ワイン …40cc
  • 白味噌 …小さじ2
  • 豆乳 …1カップ
  • レモン汁 …1/4個分
  • ローリエ …1枚
  • バターもしくは植物油 …10g
  • 塩、こしょう …各少々
<バターライス>
  • 温かいご飯 …2膳分
  • バター …10g
  • イタリアンパセリ(みじんぎり) …適量
  • 塩、こしょう …各少々

作り方

1 下ごしらえ
玉ねぎは繊維に垂直に薄切り、しめじは小房に分ける。マッシュルームは薄切りに、ニンニクはみじん切りにする。牛肉は食べやすい大きさに切り、塩、こしょうをして薄力粉をまぶす。植物油を加え軽くもみ込む。
2 炒める
温めたフライパンにバター、牛肉を加え赤い所が少し残るくらいまで中火で炒めて一度お皿にとっておく。
3 仕上げる
フライパンにニンニク、玉ねぎ、きのこを入れ中火で炒める。玉ねぎが透き通りしんなりしたら白ワインとローリエを加えひと煮立ちさせる。白味噌、豆乳を加え弱火でひと煮立ちしたら牛肉を加え混ぜ合わせレモン汁、塩、こしょうを加え味を調えて火を止める。
4 盛り付ける
<バターライス>の材料をすべて混ぜ合わせて、<3>と器に盛り付ける。

Point

  • 豆乳とレモンを使う

    生クリームやサワークリームを使うレシピが多いが、豆乳を使い、酸味を出すためにレモン汁を加える。

  • 中川さんのこだわりは、隠し味に白味噌を加えること。洋食のレシピだが、白味噌が味にコクをプラスして、味に深みがでる。白いごはんとも相性が良くなるんだそう。

副菜 memo

酸味のある副菜を

マイルドな美味しさのメインなので、副菜には酸味が利いたものがおすすめ。野菜のスープにトマトを加えるだけでも酸味と深みがプラスされて美味。