今日の晩ごはん

こってりサバ味噌煮

調理時間
25分

和食の王道レシピ!

箸が止まらなくなる絶品王道和食レシピ。しっとりとしたサバと、バターが入ったソースは、ご飯との相性抜群。豪華な晩ごはんメニューとして活躍してくれる。

材料 ( 2人分 )

  • サバ切り身 …2切れ
  • 焼き豆腐 …1/2丁
  • かいわれ …1パック
  • 塩 …小さじ1/4
  • 小麦粉 …適量
  • サラダ油 …大さじ1/2
  • バター …10g
  • バター(トッピング用) …10g
<A>
  • 水 …大さじ4
  • 味噌 …大さじ2
  • 酒 …大さじ2
  • みりん …大さじ1
  • 砂糖 …大さじ1
  • 醤油 …大さじ1/2

作り方

1 下ごしらえ
サバの切り身に塩を振って15分ほどおく。豆腐は4等分に切る。かいわれは根元を落とす。<A>は混ぜておく。
2 焼く
サバの水気をふき取り、小麦粉を薄くまぶしつける。フライパンに油を入れて中火にかけ、サバの皮目を下にして並べる。横に豆腐も並べ、両面に焼き色をつける。
3 味つけする
皮目に焼色がついたら裏返して火を弱め、1~2分ほどして身の面に薄く焼色がついたら、<A>を加える。
4 煮る
スプーン等で煮汁をサバにかけながら煮る。煮汁にとろみがついたら、バターを溶かし入れ、サバと豆腐を盛り付ける。残った汁で、かいわれをさっと煮て、サバに添えて残りの汁もかける。お好みでトッピング用のバターをのせる。

Point

  • サバに小麦粉をつける

    小麦粉をまぶすと、サバがふっくらジューシーに仕上がる。煮汁にもとろみが付く。

  • 醤油を加えて味を引き締めるのがきじまさん流。味つけを味噌だけに頼ってしまうと、味がぼんやりとしてしまうため、隠し味として醤油大さじ1/2をプラス。仕上がりにぐんと違いが出る。

副菜 memo

ボリュームのあるサラダと一緒に

メインとご飯だけでも十分満足できるが、和風のポテトサラダなど、根菜、イモ類を使ったボリュームがあるサラダが◎。マッシュした里芋に玉ねぎ、ハム、いぶりがっこを加えた里芋のポテトサラダもおすすめ。