今日の晩ごはん

タケノコと大和芋と桜えびのふわとろスープ

調理時間
15分

夜遅い晩ごはんにおすすめ!

とろろをたっぷり入れたスープはレタスとタケノコの歯ごたえも加わって、想像以上に食べごたえあり。胃腸に優しく満腹感もしっかり得られるから夜食にもどうぞ。

材料 ( 2人分 )

  • タケノコ水煮 …約100g
  • 前日の塩鶏を茹でたスープ …約3カップ(600cc)
  • 大和芋 …200g
  • 桜えび(乾燥) …5g
  • 万能ねぎ …3本分
  • レタス …3枚
  • 酒 …大さじ1
  • 塩 …小さじ1/2
  • 塩、黒こしょう …適量

作り方

1 下ごしらえをする
大和芋をよく洗い、皮のまますりおろしてとろろにする。タケノコは厚さ約5mmの一口大に切る。万能ねぎは洗って水気を切り小口切りにする。
2 煮る
鍋に塩鶏のゆで汁、桜えび、タケノコ、酒、塩を入れて中火にかける。沸騰したら弱火にしてとろろを回し入れる。レタスを手でちぎりながら加え、蓋をして1~2分程でレタスがしんなりしたら火を止める。
3 仕上げる
万能ねぎをちらし、お好みで塩で味を調えて黒こしょうをふり器に盛る。

Point

  • レタスは最後に入れる

    レタスは温めてもシャキシャキ感はそれほど失われないが、色味が悪くなってしまうので最後に入れ、蓋をして軽く火を通す。

  • 消化に良いとろろをたっぷりスープに入れて食べごたえをアップ。仕事の帰りが遅いご主人のために、晩ごはんはなるべく身体に優しく、ほっとできるものをと工夫している、つがねさんならではのアイデア。

副菜 memo

ご飯と味のしっかりした副菜を

食感がしっかりした具沢山スープなので、夜遅くならこれとご飯だけでも十分だが、副菜を添えるなら根菜のきんぴらなど、ボリュームがあり味付けが濃いめのものがおすすめ。