今日の晩ごはん

崩し豆腐の麻婆豆腐

調理時間
20分

ふっくら仕上げた豆腐が絶品!

挽肉はしっかり炒めるとコクが増す。コチュジャンを加え、辛味の中にほのかな甘味をプラス。豆腐はふっくら仕上げて、まさに食欲を刺激する一皿。麻婆丼にしても美味。

材料 ( 4人分 )

  • 豆腐(木綿または絹) …1丁
  • 豚挽肉 …200g
  • ネギ …1本
  • ニンニク …1片
  • ショウガ …1片(10g程度)
  • 粉唐辛子(一味唐辛子) …小さじ1
  • サラダ油 …小さじ2
  • 紹興酒 …大さじ2
<A>
  • 甜麺醤 …大さじ1
  • 豆鼓醤 …大さじ1
  • 四川豆板醤 …大さじ1
  • コチュジャン …小さじ2
  • 醤油 …大さじ1/2
[鶏スープ]
  • 水 …400cc
  • 鶏ガラスープの素 …小さじ2
[水溶き片栗粉]
  • 片栗粉 …大さじ1
  • 水 …大さじ2
  • ごま油 …大さじ1/2
  • 花椒 …小さじ1/2~

作り方

1 下ごしらえ
豆腐はさいの目に切り、塩を加えた熱湯で下ゆでする。ネギ、ニンニク、ショウガはみじん切りにする。<A>、[鶏スープ]、[水溶き片栗粉]はそれぞれ合わせておく。
2 具材を炒める
鍋にサラダ油、ニンニク、ショウガ、粉唐辛子を入れ弱火で加熱する。香りが出てきたら強火にし、挽肉とネギの半量を加えよく炒める。※焦げそうな場合は油を適宜加える。
3 紹興酒を加える
挽肉がパリパリとしてきたら、紹興酒を加えアルコール分を飛ばす。
4 味付けする
一旦火をとめ、<A>を加えよく混ぜる。再び火にかけ、香りが立つまで炒めたら鶏スープを加えて一煮立ちさせる。
5 残りの具材を加える
下ゆでした豆腐と残りのネギを加え1~2分煮る。豆腐は挽肉と馴染むように軽く崩す。水溶き片栗粉を少しずつ加え、しっかり火を通してとろみをつける。
6 仕上げる
鍋肌からごま油を加え(化粧油)よく馴染ませる(ツヤが出て冷めにくい)。器に盛り花椒をちらす。

Point

  • 豆腐は下ゆでしておくとふっくら仕上がる

    豆腐は塩を少々加えたお湯で軽く下ゆでしておくと、ふっくら仕上がる。ゆで過ぎるとすが立って硬くなるので要注意。

  • ネギの上手なみじん切り

    ネギはまずじゃばらに(上下から斜めに)切り込みを入れてから切ると、きれいなみじん切りに。簡単にできるので試してみて。

  • 中華の定番・麻婆豆腐に韓国のコチュジャンを加えるのが柚木さん流。複数の中華の辛味調味料にコチュジャンを加えることでほのかな甘さが出て、ひと味違った美味しさに。

副菜 memo

スープや和え物など軽めの副菜に

卵スープなどの軽めのスープやちょっとした和え物など箸休めできるものを。柚木さんのおすすめは、アボカドとピータンを黒酢、ごま油、醤油、きび砂糖で和えたもの。ザーサイとキュウリの和え物なども◎。