今日の晩ごはん

果物のマリネ 鶏肉のグリルにかけて

調理時間
40分

おもてなし料理にもぴったり

香ばしく焼き上げた塩気の利いた鶏肉に、甘酸っぱいフルーツのマリネがソースのような役割を果たし、相性抜群。華やかで、おもてなし料理にもおすすめ。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …2枚
  • ローズマリー …2本
  • 季節の果物 …適量(今回は桃1個、プルーン3個、プラム2個)
  • 塩 …少々
  • こしょう …少々
  • EXVオリーブ油 …適量

作り方

1 下ごしらえ
筋を切り、脂肪を取り除いた鶏肉に塩、こしょうをして常温で30分ほどおき、なじませておく。果物をすべて食べやすい大きさに切り、ローズマリーとともに軽く混ぜて冷蔵庫で冷やしておく。
2 鶏肉を焼く
鶏肉をテフロン加工のフライパンに皮を下にして入れ、強火で加熱する。焼き色が付いたら弱火にしてひっくり返し、蓋をして2~3分蒸し焼きにする。(指で押してみて硬くなっていたら焼き上がり)
3 盛り付ける
器に皮を上にして盛り付け、1の果物をその上にのせて、EXVオリーブ油を回しかける。

Point

  • 酸味のある果物を一つ入れる

    マリネに使う季節の果物は何でもOKだが、酸味のある果物(今回はプルーン)を一つ入れるとバランス良く味がまとまる。

  • 果物のマリネはたっぷりの量ができ上がるため、晩ごはんに使わない分は取り分けて冷蔵庫で冷やしておき、翌日の朝の楽しみに。ハーブの香りがなじんだみずみずしい味わいの果物は朝ごはんにぴったり。パンにのせて食べても美味しい。

副菜 memo

野菜のおかずを添えよう

細切りにしたニンジンのラペ(ビネガーやレモンで甘酸っぱくマリネしたもの)や、ブロッコリーの金山寺味噌和えなど、野菜を使った副菜を添えるとバランスがいい。