今日の晩ごはん

長芋とセロリ、こんにゃく炒め

調理時間
20分

異なる食感、香りを重ねた上品な炒め物

セロリの独特な香りにごま油が合わさり、食欲を刺激するひと品に。かむたびに、発見がある新鮮な食材の組み合わせです。長芋は事前に焼いて、甘みを引き出しましょう。

材料 ( 2人分 )

  • 長芋 …200g
  • こんにゃく …200g
  • セロリ …1本
  • 薄口醤油 …小さじ1
  • 塩 …適量
  • ごま油 …適量

作り方

1 下ごしらえをする
こんにゃくは短冊切りにして塩適量(分量外)でもんで、約5分置く。水洗いしてから、鍋にこんにゃく、かぶるくらいの水を入れて火にかける。沸いたら1分ゆでてザルにあげる。
2 野菜を切る
長芋は洗って水気を拭き、コンロの火でひげ根を焼き切る。こんにゃくと長さをそろえて、皮ごと短冊切りにする。セロリは葉と茎に分け、茎は斜め薄切りにする。葉は千切りにする。
3 炒める
フライパンに油を熱し長芋を入れる。表面に焼き色がついたら一度取り出す。同じフライパンにこんにゃくを入れ、水分がほどよく飛んだらセロリを加えて火が通るまで2~3分炒める。長芋を戻し入れて醤油を鍋肌から回し入れ、塩で味をととのえる。
4 仕上げる
皿に盛り、セロリの葉を散らす。

Point

  • こんにゃくを塩でもむ

    ボウルに切ったこんにゃくを入れて塩でこするようにしてもむ。こんにゃく特有の臭み、アクが取れる。その後さっと下ゆですると味がしみこみやすくなる。

  • 長芋のひげ根を焼き切る

    長芋を皮ごといただく場合、ひげ根が残っていると食感が悪くなってしまうので、コンロの火で焼き切る。長芋が短い場合はトングではさんで作業すると〇。

副菜 memo

箸休めになる漬物を

これからの季節は小かぶや大根を塩でもみ、柚子の絞り汁でさっと漬けた爽やかなひと品を添えて。