今日の晩ごはん

厚揚げときくらげの山椒味噌丼

調理時間
20分(ご飯を炊く時間は除く)

味噌と山椒の爽やかな味わいが暑い日でも食欲をそそる

味噌と山椒のコンビは、しっかりとした味わいで後味爽やか。ご飯にもよく合うので、食欲がわかない暑い日にもおすすめ。しっかり焼いた厚揚げで食べ応えも十分。

材料 ( 2人分 )

  • 厚揚げ …1/2丁
  • 生きくらげ(ない場合は乾物を戻しても) …4枚
  • しいたけ …4個
  • ししとう …6本
  • オクラ …2本
  • 長ねぎ(白い部分) …15cm分
  • 長ねぎ(青い部分) …少々
<A>
  • 麦味噌 …大さじ2
  • 醤油 …大さじ1
  • みりん …大さじ2
  • 葛粉(なければ、片栗粉でも) …小さじ1・1/2
  • 水 …大さじ6
  • 山椒 …少々
  • のり …2枚
  • 麦ご飯(白米と麦を1:1で炊いたもの) …茶碗2杯分
  • 太白ごま油(なければ、サラダ油など、クセのない炒め用油) …適量

作り方

1 味噌ダレを作る
小鍋に、Aを入れ、よく混ぜ合わせてから、弱火にかけ、沸騰しとろみがつくまで、混ぜ続ける。とろみがついたらそのまま弱火で2分間煮る。
2 下ごしらえ
鉄のフライパンにキッチンペーパーで薄く油をしき、厚揚げ、きくらげ、しいたけ、ししとう、長ねぎ、下処理したオクラを、フライパンで焼き目がつくまで焼き、大きいものは一口大に切る。
3 タレに火を入れる
味噌ダレを再度温める(とろみが強すぎる場合は、水でのばす。マヨネーズくらいのゆるさに)。
4 仕上げる
丼に、麦ご飯をよそい、炙ったのりを一口大にちぎりながら全体にのせる。厚揚げ、きくらげ、しいたけ、ししとう、オクラ、長ねぎ(白い部分)をそれぞれ、箸で持ち味噌ダレを絡めてご飯の上にのせ盛る。仕上げに山椒少々と、長ねぎの青い部分の小口切りを散らす。

Point

  • 野菜は一種類ずつ仕上げる

    野菜はフライパンにキレイに並べて焼き目をつける。それぞれの食材に合わせて火を通すことでキレイに仕上がる。

  • 味噌と山椒の組み合わせは、発想豊かなくしまさんが生み出した爽やかで深みがある味わい。食欲がわかない暑い季節にも嬉しい。ご飯とも相性抜群。

副菜 memo

丼にはお吸い物を添える

ご飯もたくさん食べられる丼ぶりは、汁ものが良く合う。くしまさんのおすすめは、梅干しと醤油、切手大の昆布、鰹節をお碗に盛りお湯を注ぐ、即席お吸い物。手軽にできて滋味深い味わい。