今日の晩ごはん

エビのブラックペッパーソース炒め

調理時間
15分

手軽に作れるオリエンタルな一品

華やかな見た目もさることながら、新ショウガの爽やかな辛みに食欲倍増! 最後にバターを加えることで、本格的なシンガポール料理に。気分も上がるエスニックな一皿。

材料 ( 2人分 )

  • エビ …250g(正味)
  • パプリカ …1/2個
  • セロリ …1本
  • エリンギ …1パック
  • 新ショウガ …100g(なければショウガ50gの薄切りでも可)
  • ニンニク …1片
  • 粗挽きコショウ …小さじ1
  • サラダ油 …大さじ1/2
  • ごま油 …大さじ1/2
  • バター …10g
<A>
  • 酒 …大さじ1
  • 塩 …小さじ1/4
<B>
  • 水 …大さじ4
  • 片栗粉 …小さじ1
  • 醤油 …大さじ1
  • オイスターソース …大さじ1
  • 砂糖 …小さじ1/2

作り方

1 エビの下処理
エビは殻をむき、背に切り込みを入れて背ワタを取る。<A>をよく揉み込み、10分おく。
2 材料を切る
パプリカ、セロリ、エリンギは食べやすい大きさに切る。新ショウガは3mm厚さの薄切りにする。ニンニクは薄切りにする。
3 焼く
フライパンに油とニンニクを入れて中火にかける。香りが出てきたらエビとコショウを加えさっと炒め、野菜を加える。エビの色が変わってきたら<B>を加えて強火にする。とろみがついたら火を止め、バターを加えて混ぜる。

Point

  • 隠し味のバターでシンガポール風に

    調理の最後にバターを加えることで、シンガポール料理らしい、オリエンタルな味が再現できる。

  • 新ショウガを、具材の一つとしてたっぷり使用。唐辛子とは違う爽やかな辛みが、味に奥行きを与えてくれる。入手できない時は、普通のショウガを半量(50g)使っても良い。

副菜 memo

副菜もとことんエスニックな味に!

主菜がエスニック料理なので、副菜もとことんオリエンタルな味でまとめたいところ。ニンニク、醤油、唐辛子で炒めた青菜の炒め物が好相性。さっぱりさせたい時は、ピクルスを添えても美味しい。