今日の晩ごはん

酒粕シチュー

調理時間
30分

豆乳が隠し味! コク深くてクリーミーなシチュー

酒粕と米粉と菜種油をフードプロセッサーにかけて作るシチューの素と豆乳で仕上げるアレンジシチュー。身体の中から温まって、こっくりと深い味わいも楽しめます。

材料 ( 2人分 )

<A>
  • 酒粕 …100g
  • 米粉(小麦粉で代用可能) …60g
  • 菜種油 …大さじ2
  • 塩 …小さじ2
  • ジャガイモ …50g
  • ニンジン …30g
  • 玉ねぎ …1/2個
  • ブロッコリー …1/4株
  • カボチャ …30g
  • マッシュルーム …1/2パック
  • 水 …2.5カップ
  • 油 …大さじ1/2
  • 豆乳 …50㏄
  • 塩 …小さじ1
  • こしょう …少々

作り方

1 シチューの素を作る
Aは、フードプロセッサーにかけ、粉砕し、シチューの素を作っておく。
2 切る
野菜は適当な大きさにカットする。
3 炒める
鍋に油を入れ、玉ねぎを炒める。しんなりしたら、1の半量を加え、焦がさないように弱火で1~2分炒める。
4 煮る
3に水を少しずつ加え、とろみをつけていく。2を加え、弱火でコトコト煮る。
5 仕上げ
野菜に火が通ったら、豆乳を加え、塩、こしょうで味を整える。

Point

  • フードプロセッサーで手軽に作るシチューの素

    手軽に作れるシチューの素は、時間がある時などにつくり置きしておくと便利。冷蔵で1か月ほど保存可能。

  • 牛乳の代わりに豆乳を使ってコクを出すのが寺田家の定番。牛乳にすると甘く仕上がるけれど、豆乳にすることで甘すぎない、ご飯とも相性の良い大人の味わいに仕上がる。

副菜 memo

酸味のあるサラダでさっぱり感をプラス

コクのあるクリーミーなシチューには、ポン酢をかけたさっぱり葉物のサラダなどを合わせるとバランスが良い。海苔のついたおにぎりと一緒にいただくのも寺田さんのおすすめ。