今日の晩ごはん

ニラもやし餃子

調理時間
20分

もやしの食感と味噌のコクを楽しんで

皮にキレイな焼き色をつけてパリパリに仕上げる秘訣は、最後に回しかけるごま油。タネは平らにして等分にすれば、包むのも簡単です。

材料 ( 12個 )

  • 豚挽肉 …120g
  • ニラ …20g
  • もやし …1/2袋(100g)
<A>
  • 味噌 …大さじ1
  • 酒 …大さじ1
  • 水 …大さじ1
  • おろしショウガ …小さじ1
  • こしょう …少々
  • 餃子の皮(大判) …12枚
  • ごま油 …小さじ2

作り方

1 タネを作る
ボウルに挽肉とAを入れて少し白っぽくなるまでよく練り混ぜる。小口切りにしたニラともやしを入れ、もやしを手で折りながらひとまとまりになるまでさらに混ぜる(もやしが長いままだと包みにくいので注意)。
2 包む
餃子の皮に等分に包み、まわりに水を塗って止める。
3 焼く
油小さじ1を熱したフライパンに餃子を並べ、熱湯1/2カップ(分量外)を注いで蓋をし、水気がほとんどなくなるまで3~4分中火で蒸し焼きにする。蓋を取り、残りの油を回しかけ、底がパリっとして焼き色がつくまで2分程焼く。

Point

  • タネはしっかり等分に

    慣れるまでは、タネは事前に等分にしてから皮で包むと見た目もキレイに仕上がる。

  • 仕上げに油をかける

    仕上げに油を全体に回しかけると、皮がパリッとした食感の香ばしい仕上がりになる。

  • 挽肉が白っぽくなるまでしっかりと、一方向にぐるぐると回すように混ぜる。そして全体に粘りが出てから野菜を加える。このひと手間で肉汁たっぷりのタネになる。

副菜 memo

副菜も中華で合わせて

キュウリをひびが入るまで麺棒などで叩き、食べやすい大きさに切ってから粗みじんのザーサイと醤油、ごま油、すりごまを入れた中華風きゅうり和え物を。ビールのおともにも。