今日の晩ごはん

餅入り台湾風おでん

調理時間
30分

八角とシナモンの甘い香りで異国情緒あふれるおかずに

セキグチさんが台湾旅行で出会った料理からヒントを得た八角の香りが特徴的なおでん。餅を入れれば、ご飯や麺などの主食を用意する必要がないので楽チン。

材料 ( 2人分 )

  • 大根 …100g
  • 丸こんにゃく …100g
  • 焼ちくわ …100g
  • ゆで卵 …2個
  • エリンギ …50g
<A>
  • 番茶 …5g
  • シナモン …5g
  • 八角 …1個(2g)
  • 餅 …2個
<B>
  • ダシ …3カップ
  • 酒、醤油、砂糖 …各大さじ3

作り方

1 下ごしらえをする
大根は皮を厚めにむき、3㎝幅に切り竹串がすっと通るぐらいまでゆでる。丸こんにゃくは沸騰後3分ゆでる。焼ちくわは斜めに3等分、エリンギは縦に3~4枚に切る。<A>をお茶パックに入れる。
2 煮る
鍋に<B>とお茶パックに入れた<A>に、餅以外の具をすべて入れて煮立ったら約10分煮込む。火を止めて、一度冷ます。
3 餅を焼く
2を冷ましている間に、餅をトースターまたはグリルなどで焼き色がつくまで焼いておく。
4 仕上げる
2を再び熱し、3の餅を加える。

Point

  • 焼いた餅を加える

    餅は長時間煮込むと、どろっとしてしまうので、火を止めてから一番最後に加えるようにする。

  • 番茶、シナモン、八角をお茶パックに入れてダシと煮込み、香り豊かなおでんに仕上げる。湯気と一緒に漂う甘い香りが食欲を刺激する。番茶には食材を軟らかくしてくれる効果も。

副菜 memo

大根の皮を活用する

味を染み込ませるために厚めにむいた大根の皮を副菜に使う。短冊切りにした皮を塩もみし、柚子、酢で和えた即席漬けなど、おでんを煮込んでいる間に作れる簡単なものを。さっぱりしている味つけのものと好相性。