今日の晩ごはん

ベトナム春巻き

調理時間
30分

野菜たっぷり! 何個でも食べられる軽やかさ

ベトナムでは、生春巻きよりも揚げたものの方が一般的。味のなじみがよいビーフンを使って、手軽に本場の味に近づけます。食べた瞬間香菜の香りが広がるのも◎。

材料 ( 2〜3人分 | 14本分 )

  • 豚挽肉 …400g
  • ビーフン …50g
  • しいたけ …50g
  • きくらげ …5g ※乾燥きくらげを使う場合は水で戻しておく
  • 香菜 …10g
  • ごま油 …大さじ1
<A>
  • 醤油、オイスターソース、酒 …各大さじ1
  • 塩、こしょう …各少々
  • 春巻きの皮 …14枚
<タレ>
  • 酢、ナンプラー …各大さじ2
  • 水 …大さじ1
  • ニンニク(薄切り) …1片分
  • 赤唐辛子(輪切り) …1/4本分
  • ライム …適量
  • サラダ油 …適量(揚げ油)

作り方

1 下ごしらえをする
ビーフンは手で適当な長さに折ってから水で戻しておく。しいたけ、きくらげは粗みじん切りにする。香菜はざく切りにする。タレの材料はすべて混ぜ合わせておく。
2 具材を炒める
フライパンに油を熱し、挽肉、しいたけ、きくらげ炒める。水気を切ったビーフンを加え軽く炒めたら、<A>を加えて味つけする。火を止めて香菜を入れ、さっとまぜたら粗熱を取る。
3 揚げる
2を14等分にして春巻きの皮で包む、180℃に熱した揚げ油できつね色になるまで揚げる。
4 仕上げる
器に盛り、ライム、タレを添えて完成。

Point

  • ビーフンは手で折る

    ビーフンは長いままだと汁気を扱いづらいので、手で適当な長さに折ってから水で戻す。

  • 粗みじん切りにしたきくらげを入れてコリっとした食感を楽しむ。きくらげは味にクセがなく他の食材の邪魔しないので、春巻きだけでなくスープやサラダなどのプラスαのアイテムとして使うのに便利。

副菜 memo

エスニックな献立を楽しむ

ベトナム料理の定番、春巻きにはナンプラーや、スイートチリソースなど東南アジアの調味料を使った即席漬けを合わせて、エスニックな献立に。食材はキャベツやセロリなどシャキっとした食感のものを使ってみよう。